まばたきをする体

なにがあっても日々が続くのすごくない? 日記のほん「ちょっと踊ったりすぐにかけだす」が出ます

まいにち更新の日記ブログ「まばたきをする体」から7冊目で最後のほん「ちょっと踊ったりすぐにかけだす」が出ます。

画像1

イベント出展予定はこちら……!

書店さんでの販売と通販はこちら……!

ブログは古賀及子が中学生の息子と小学生の娘との3人暮らしの様子を日々かいって(書いて)は投げ、かいっては投げしておりましたが、2021年の4月にまいにち更新を終了しました。

最終巻は2020年8月から2021年4月に更新した全日記から、ご好評をいただいた回のよりぬき71本と、プラス書き下ろしの1本をあとがき代わりに収録しました。

なんと……11万文字あります。

画像2

11万字は、ここ数巻ずっとすてきな組版で一緒に本作りをしてくださっているデザイナーの麻川針さん(これまでの本では山階基さんの名義)が。これまでの倍以上の大量の文字たちを、猛獣使いのようにきれいに並べてくださいました。心がこもっているのが伝わって本当にありがたいです。

A5版で178ページあるんです。これは大変だ。

画像3

表紙はデイリーポータルZでずっとおせわになっている奥山史歩さん。かわいいでしょう。波線は私の心拍数をあらわしているとのことです。コンセプト~~っ!

画像4

最終巻ということで、パ~っとやりたいね~! という気持ちで、同人誌にもかかわらず生意気に帯文もいただきました。

母子で大ファンの漫画家でイラストレーターの石山さやかさんは、私が日記の本をいちばん最初に作って売ったその日に買ってくださった方でもあります。一緒に仕事もしている、いまや超売れっ子のライターのスズキナオさんは本を買って書評まで書いてくれた方。安心の布陣です。

画像5

さらに! 前号「ごめん、あれやっぱパンだった」の表紙がすてきで、イベントでは表紙のかわいさからブログを知らずに買ってくださる方が続出する現象をおこしたイラストレーターの杉山真依子さんに、今回は手売り限定でオマケにつけるステッカーをデザインしていただきました。

画像6

通販や書店販売分には付け切れず申し訳ないのですが、以下イベントでの手売りで「ちょっと踊ったりすぐにかけだす」を買ってくださった方へお渡しします!

画像7

というわけで、とりまとめましてこんな感じの事態になっております!

ちょっと踊ったりすぐにかけだす
まばたきをする体 2020.8~2021.4
古賀及子
A5版・178ページ
装幀:奥山史歩
組版:麻川針
印刷・製本:あかつき印刷
頒価:1500円

イベントには既刊ももりもり持っていきます! 既刊が増えすぎたのでいよいよ私も「コンパクトひな壇」を買いましたわい……。

画像8

twitter告知2再

画像10

↑こちら、完売したとほうぼうへお伝えしていたのですが在庫が出てきました……。(売り切れました! 書店さん委託分がもしかしたら残っているかもです……)

画像11


最後に、ずらずらと、新刊収録の日記のもくじを並べておきますです。

本でお会いできたらうれしいです~~!

●もくじ

純粋なから揚げの行列
やることがなくて優雅
きっと一生なおらない
体はコンビニに入って行った
送り迎えのことばかり考えていた
気球の絵……気球の絵だ!
ふたりで絶対に半分つ
あらかじめまちがえている
もしフィクションで描かれてなかったらどう思ったろう
夜中に目を覚ましたいからもう寝る
消費はむずかしい
10年前のことをねぎらわれたかのよう
チャーハンに気持ちの集中がそそがれた
いつも自分を気分よくしている
元服である
みんな歯を投げているらしい
ナンから煙が出ているぞ
やることは特にないのです
心を揺さぶらない映画を見きわめる
塩で召し上がるのは後ろめたい
裸のままのiPhone
返金額は100円
ちょっと踊ったりすぐにかけだす
血管が動くのを見あう
事情を誰かに話すときはいつも自信がない
みんな本当に人だ
封筒にゴミを入れたら届いてしまう
つつみかくさない自意識
冷えた生卵を持ち続けて手がつめたい
誰かが重いな
その血と肉を見せてみよ
意識の私を無意識が急に起こす
赤や緑や青が次々に色を変え光っている
テトリスでこんなに遊んでしまう
真逆の「屋」が来てしまったな
知ってるやつ以外全部うそみたい
サンタが誰かを知っている人にも来る
全身に力を込めて体をぶるぶるふるさせるから見てて
意外な思春期の来かたをしている
スーコー言わずに飲んでみよ
クーラーがついていた
あとはエアコンだけある
いま一番どうでもいいこと
歯が小さいのだが
私だけが実情を知り不明を実感している、分かっている私が一番分かっていない
刺身に対して薄情だ
30秒は10秒が3個
歯の皮いちまい
腸壁の側を皮膚にする
何も起こらない予感
菓子パンは子にやる
糊を買いに行こうくらいの誘い
世界一の墓
ようこそ世界へ
餃子の数を数えて
とらわれなさが真実をつかんでいる
コロナ時代の買い食い
繰り返しの日々で老いる損
パンデミックが起きたほうの世界線にいるので私は
ピザが食べ足りないのは絶対に嫌だ
本当に家族で楽しいだろうか
午後7時25分、逮捕
らくだだと思っていますか?
世の中たいていのことはうまくいかない、なのに
アルマジロとT字路
ウーバーイーツのみなさんが全部カブの出前だったら
まだまだ地力を出してはいないはずです
あらぶる群衆
さまざまな感情を一度に持たすなよ
ちゃんとしたファンの人が使う言葉
遊んで暮らさず商売を
治る自信のある肋骨(書き下ろし)

f:id:mabatakixxx:20211117173724j:plain