まばたきをする体

衝動的なもので意図がない、芸術性もなくまったくの無意味

安いソーセージを買ったら朝ご飯が絵になった。

見てよ、絵。おお、絵だ。絵だ絵だと盛り上がって息子と食べた。娘は春休みの最終日で寝ている。

f:id:mabatakixxx:20210406125054j:plain

息子が部活へ行き私は在宅勤務。はっとして昼前に娘を起こした。

娘が朝ご飯を終え少し経つ頃昼になり息子が帰ってきたので昼ご飯のスパゲティをゆでた。娘はさすがに満量は無理だそうで、でも少し食べた。この家の朝昼晩のごはんは定期であり、どこかで乗り遅れた者は満腹にかかわらずペースに合わせる形で飛び乗ってもらうしかない。

注文していた日用品や本が大きめのダンボールで届き、中をあらためていると空いたダンボールを担いで息子が躍りだしたので娘と見守る。

家というのは自由な場所で、何をしてもおおむね恥ずかしくないので人が突飛なことをしがちになる。息子のダンボール踊りは衝動的なもので意図がない。動きはありきたりで芸術面でも評価はむつかしい。全くの無意味といっていいいと思う。こういうのは家でしかなかなか見られない表現で本当にありがたい。笑った。

娘がアニメの「のんのんびよりのんすとっぷ」を見はじめたので、日常系アニメ大好きという設定にしてあるぬいぐるみを歩いていかせて娘に抱っこさせた。これも家の自由さ。

娘は観ながら、腹をすかせて冷凍にしてある食パンをレンジでやわらかくしてはちみつをかけて食べながら観ていた。

寒い。昨日まであんなに暖かくて半袖でいたのに。娘は夕方塾があるが一度でかけて寒さに帰ってきた。冬の厚手のパーカーを着てまた出かけていった。

いっぽう息子は室内で半袖でいて、確かに部屋はそんなに寒くない。昨日の暖かさが部屋にはまだ残っているような感じがある。

仕事を終えて買い物に行って、バウムクーヘンとバナナとヨーグルトを買ってきた。子どもたちは常になにか食べるものを探していて、プレッシャーに負けた。

夜はさばのみりん干しを焼いて、食べながらみんなで今日もニュースを見る。昨日水泳の池江璃花子選手のことをやっていて、街頭インタビューで、熱心に応援している人たちが3人もコメントしていて、何人に声をかけたら撮れるんだろうと感心した。

今日も橋田壽賀子さんの訃報を受けて話すまちの人たちが老若男女みな自分事のように語るものだから、社会情勢ではない、ある固有の誰かの話題でこんなに熱いリアクションを引き出すのは相当むつかしいはずなのにすごいことだ話しあった(やらせは無いものとして)。

それからパンとごはんと麺、一生どれか食べられないとしたらどれ? という話でもりあがった。私は絶対にごはんは一生食べたい。

食後、買ったバウムクーヘンは「1日ひとり1個までとする」と定める。すると娘が「おにいちゃん今日から食べる? 明日から?」と、スタート日がずれると不公平が生じるというので、「1日ひとり1個までかつ(全部で9個あるので)ひとり3個」と決めなおした。

早々に眠くなってしまったので子どもたちよりも先に寝ることにする。居間の電気を消し忘れないようにと伝え横になり、心配なので起きだしてもう一度、居間の電気を消し忘れないようにと言った。横になりながら「お願いね」とでかめの声で言った。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。