まばたきをする体

菓子折りの菓子折り性

起きてきた子どもたちに観葉植物を切る相談をした。

数年前、娘がバレエの発表会でもらったブーケを花瓶に生けた。飾っているうちに花が枯れるなか1本入っていた葉っぱは枯れず、そのうち根が生えてきた。

そのまま花瓶にどんどん根を張って瓶じゅうを根でいっぱいにしていきながら今日まで元気でいる。

少しづつ伸びて新しい葉を生やす。下のほうの葉はバトンタッチするように枯れるので摘んで捨てる、それを繰り返していたら、どんどん背が高くなってきた。

それで、これを切ってはどうかという相談だった。

茎の途中で切って、あたらしく生ける。するときっとまた新しく生けたほうからは根が生えてくるんだろう。あらかじめ根がもうあるほうはどうなるんだろう。どこかから葉が生えてくるんだろうか。

息子は「それは生えてくるだろう」といった。娘は「よくわかんない」という態度。娘は興味のないことにはかかわらない。

うむ、家族に一声はかけたぞと、説明責任を果たした気を得たので茎の途中で切って、切り取ったほうを別のグラスに生けた。どっちも育ち続けるといい、楽しみができた。

f:id:mabatakixxx:20210401122147j:plain

息子は部活へ行った。骨折をしているが行くだけ行くんだそうだ。先輩にもひとりけがをしている人がいて、行くとずっとふたりで話しているんだと言っていた。娘は塾へ。

誰かいて腹が減ったと言わないので仕事がはかどり、帰ってきた子らに炊けたごはんとみそ汁と納豆を出して自分も食べて、それから会社へ行く。

私は普段デイリーポータルZという読み物のサイトの編集をしているがこのサイトが4月1日から別の会社へ譲渡されることになった。私も事業と一緒について会社を移るので、今日は譲渡元の会社への最終出社日。

途中の駅で降りてお世話になった人たちに配るお菓子を買う。私はこういうところ全く気が付かないのだけど、同僚が用意しようと言ってくれてハっとした。

菓子折りを買うと紙袋は有料ですと言われ、エコバッグは持ち歩いているのでとっさに、袋はいりませんというが、菓子折りをぼろぼろのエコバッグに入れたらお使い物の雰囲気がまったくそがれてしまった。菓子折りの菓子折り性は紙袋に宿るのだと痛感した。こういうところも私はセンスがない。

残った仕事や挨拶をすませ無事にお菓子も渡してパソコンや社員証などを返却して帰る。

帰り際に同僚ともうこの事務所へは二度と来ることがないですねなど感慨を言い合ったが、こういう感慨は今日だけのものですよねみたいな話もした。

会社は用賀という世田谷にある駅のビルで、用賀にももうそう来ることもない。人があたりをうろつく縁は簡単に切れて、簡単に次の場所をよくうろつくことになる。

帰り際にスーパーに寄って、鶏もも肉が安かったのでシンガポールチキンライスと決心して買って帰る。うまくできてみんなでたくさん食べた。

それから、まさかさっき返したパソコンに私物のマウスのUSBレシーバーが刺さりっぱなしだったことに気づいて注意の散漫さに目が開く。あの小ささはいつも恐ろしいと思っていたがやはり私には無理なサイズだ。

夜は仕事の関係で0時が過ぎ4月1日になってエイプリルフールが始まるのを待ち構えてから寝た。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。