まばたきをする体

他社に先手を打たれ悔やむ自分

はちみつの代わりに買ったあんこの減りが早い。朝食の席でぼやいていると息子が上を向いてはちみつのチューブを口にしぼるみたいなしぐさをして、

「はちみつはこうやってガーって飲むみたいな食べ方しないじゃん、でもあんこはそういう食べ方してるからね俺たち」

といって、確かにそうだった。あんこは飲むみたいに食べちゃうからよくない、やはりはちみつを買おうと話し合った。

しかしはちみつはピンキリが強い。大容量で安いやつとちょっとしか入ってないのに高いやつが、近所の小さなスーパーくらいでも4種類くらい展開されていていつも悩む。

気が弱いので中くらいの価格のを買って気持ちを落ち着かせていて、それを息子に相談したところ、いっぺん一番安いやつに行ってみるのもいいかもしれないという。そうしてみるか……。

娘を起こして作文教室主催の市民プールにみんなで行く会に向かわせ、私と息子は耳鼻科へ。鼻炎の息子のいつもの薬をもらいに出かけた。

息子は骨折して腕を吊っているので、その様子で耳鼻科に行くのはちぐはぐに思え、しかし骨折しながら鼻は確かに間違いなくずるっずるなんで、骨折の手で耳鼻科に行く、これはとても現実的なことだなと思った。

処方箋を受け取り息子を先に返してなじみの調剤薬局に行くと、レジの横でマスクのふちを飾る手作りらしいアクセサリーを売っている。

薬剤師さんの関係の方が作ったんだろうか。恐縮ながらマスクのアクセサリーは私なんかがすると間違いなく落とすので興味があまりないんだけど、こういう小商いがめちゃくちゃに好きなので興奮してながめた。

店はいいよな店は。

帰ると息子になんかないかと聞かれ、おやつなら今なんもないな。

落胆した息子は「バナナが無限に出てくる装置とかあったら10万出してもいいんじゃない?」と極端なことを言う。10万! もととれるかな。1房100円として毎日食べて1か月30日で3000円。1年で36000円。10万円のもとをとるには3年ちかくかかる。

「3年……装置故障するね……10万で買うのはやめておこう」と諦めていた。

何かどこかへという日よりだけれど予定もなく、感染症対策的にそれがよいのだろうけどついはっと不安になる。しかして売れた同人誌を発送しにぶらぶら歩いて行き、帰りに図書館に寄ったら気がすんで、ひまでいくぞという気持ちが荒ぶった。

昼は蕎麦。茹でていると息子がつけ汁のレシピをスマホで見せてきて、これを作ってみたいのだがという。

もともとはそうめん用のレシピだそうで、担々麺スープ風というもの。なるほどこうしてつゆで食の良さを高める方法、あるな。

放っておくと私はまったく工夫なく生きてしまうのでよりよくしたいという息子の心意気に感心した。骨折の人なのでレシピを横からのぞいて手伝い作る。

娘は辛いのが苦手なのでふつうの麺つゆで、息子と私は担々そばを食べた。蕎麦でも案外合う。うまいよう。

f:id:mabatakixxx:20210328135225j:plain

すすめたい作業などあり夜までパソコンに向かって気づくともう夜、買い物に出るとスーパーの手を消毒するボトルの台の下に「手の消毒をお願いします」と書かれたマットが敷かれている。

おお~~、コロナ市場だ。こういうの、ちゃんといち早く取り組み商品開発するんだろうなあ、私はそういう初動の勘に自信がない。店舗用マットメーカー勤務だとしてちゃんと動けるかと思うとおそろしい。他社に先手を打たれ悔やむ自分を想像した。

刺身が安くなっていてこれはと買った。帰る。

刺身で手巻き寿司が急に開催されこれはうまいとみんなで食べる。そのうえテレビでは動物のあかちゃん特集が放送され、熊のあかちゃんが出てくるものだからみんなできゃあきゃあ言った。

新しく読み始めた本がとても読みやすくするする読めてうれしい。でも結局麻雀ゲームもした。2か月くらい熱心に取り組んでいるが一切うまくならずCOM戦でずっと同じキャラクターに負けている。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。