まばたきをする体

あらぶる群衆

昨日息子に急におしゃれがしたいのだと言われた。

かっこいいTシャツとか着たい、というので、どんなの? と聞くと、なんかさ街の写真とかがプリントされてる……といいながらiPhoneで検索すると海外の街並みが白いTシャツに四角く刷ってあるTシャツが出て「これは違うな……」。

どうもおしゃれな服が着たい思いはあるが実際それがどんな服なのかピンときていないらしい。

わかる。私も常々おしゃれがしたいのだけどじゃあどんな服を着たらおしゃれになるのかよくわからないままずいぶん生きてきてしまった。

センスを持たずに生まれてきたものにとり、気持ちはあるがどうしていいかわからないその最たるところがファッションじゃないか。

かつていつもしゃれた服を着ている友人にその悩みをうちあけたところ、「あ、それは雑誌読むのさぼってるでしょう!」と、まったく、雷に打たれるとはこのことだった。

ファッション雑誌の存在意義、これか!

しかしファッション雑誌というのは読めば読むほどタスクを感じてしまい読み慣れない者にはプレッシャーのかかるもので、プレッシャーを感じないくらい読めるように早くから慣れておくことが大事なのかもしれない。

ほわんほわんほわん……ほわんほわんほわん……以上を回想しながら……私は……今日、午後休みを取って友人のファッションデザイナーの秋冬物の展示会ですばらしい衣類をたくさんみせてもらっていた。

息子には悪いが実は私は今や「友人たちの作った服を注文し着ていれば万事オーケー」というおしゃれに装うことに関しての確変を手に入れている。

デザイナーの友人らのうちのひとりと20年数年前にネットの出会い系サイトで知り合ったのがそもそもの縁で、ここ数年旧交を温め展示会にも通うようになった。今度息子さんもつれてきてはと言ってもらったからそうしよう、本物のおしゃれの世界にびっくりしてほしい。

帰るとその息子がもう学校から帰ってきており台所でボウルのなかの茶色い液体を泡だて器でがしゃがしゃ混ぜている。なにそれ。

「ダルゴナコーヒーというのを作ってみてる。お菓子作りが趣味の友達に教えてもらった」

……おしゃれだね!?

f:id:mabatakixxx:20210320122622j:plain

しかしできあがったダルゴナコーヒーを飲んで息子は苦がった。私がもらって飲むととてもおいしい。残りを全部もらう。

娘も帰宅して、先日保護者会で観た学年で制作した10歳の記念動画が自宅でも見られるようになったとのことで観る。娘は照れて自分が出ているシーンを抱いたぬいぐるみに見せないようにしていた。

夜は炊き込みご飯の用意をしてから、昨日がおでんで茶飯を食べたのを思い出した。自分がいかに昨晩「味付きのご飯おいしかったなあ」と強く思っていたかを知らされた。

子らは昨日も今日も味付きのご飯なことに気づいていなかった。うまいうまいとみんなで食べる。

食後、台所で息子にマクドナルドのにおいがするのだがと言われギクッとした。昨日の昼マクドナルドで昼を食べて、食べきれなかったポテトを持ち帰って家で食べて、ポテトのケースを洗って紙ごみに捨てたんだ。

どんな嗅覚だ。息子はひどい鼻炎で普段もののにおいがしづらいと訴え耳鼻科に通っているくらいなのに。「じつは私は昨日マクドナルドに行きました」白状すると、娘も加わり台所がざわついた。

なんということだ……! ひとりだけずるいぞ……。そうだ! そうだ!

あらぶる群衆。

すみません……しかしまさかにおいが残るとは……。ポテトのカップを紙ごみから探してかいでみた。無臭だった。息子も娘もかいで無臭だと言っている。

かまをかけられて吐いたみたいなことになってしまった。

それから息子は調合を少し変えてダルゴナコーヒーを作るもまた苦がっていた。娘も苦がったのでありがたく私がもらった。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。