まばたきをする体

もはや人生2回目、3回目

横になっている意味はないのに起きる必要もないものだから、昨晩から横になり続けた時間の長さにより起きた遠心力みたいなものでそのまま横になり続けていたところ、インターホンが鳴り、宅配便だった。

起きだして受け取る。とても腰の低いドライバーさんで、朝早くからすみませんというのだけど、こちらとしては重力に逆らい上体を起こす力を本当にありがとうございますという感謝の気持ちしかない。9時だった。

水を飲みながら昨日の夜観て途中で寝た、デザイナーがデザイン勝負をするリアリティーショーの「ネクスト・イン・ファッション」をさいごまで観、出場者の才能に感激して朝からめちゃくちゃに泣く。優勝したデザイナーの服を検索する勢い。

それで、私が自分で評価するのが難しい、素人が良しあしを分かりにくい分野で専門性芸術性を競うの観るの面白いんだな……と、勢いのまま今度はメイクアップアーティストが競争する番組「メイクアップ・スター」を観てみる。

ファッション以上にぜんぜん何が良くて何が良くないのかわかんなくて最大限興奮した。審査員が「……………………すばらしい!!!!」と言うときのためが、いいか悪いか全然予測できないものだからすごく効く。

めちゃんこ褒めるし怒られもするのがもはやくじ引きみたいに見えるけど、そこにちゃんと作品があるので「そうなんだ~」と素直に思った。

でもあまりにも分からないのでしばらくして視聴脱落してしまった。ファッションくらい少しくらいは分かりしろがあるのが加減としてちょうど良かったのかもしれないな……。

売れた日記の本の発送ででかけ、コンビニでエビカツサンドを買って戻る。最近できた立派なマンションがあって、エントランスの前を横切ると自動ドアの向こうのホールで小さな女の子が縄跳びで二重飛びをしていた。

帰ってサンドイッチを食べて、図書館で借りた本を読み切って返しに出かけた。用のない暇な日はなにかしら用事を作って細かく何度もでかけるのが好きだ。

本は、もう何年も前に読んだはずのエッセイ本だったがまるっきり内容を忘れて、はじめて読んだかのようだった。印象的なものがいくつもあって、これだけのインパクトの作品を忘れるとはと自らの忘却力に恐れ入る。もはや私の人生は2回目、3回目なんだろう。

返すだけ返してその足で駅前の100円ショップに行き綿棒を買った。さっきコンビニでも探したが250円したので驚いた。100円ショップにはコンビニのよりも本数が多いのが並んでいた。このために駅前まで来たんだからな。

せっかちで出かけるときの歩く速度が速い。行って目的を果たして帰るだけ、でも今日は暇なので努力して少しゆっくり歩いて帰った。

「酸素カプセルあります」と書いたポスターが、エステの店の壁に貼られているのに気づいた。これまでずっと見落としていた。

酸素カプセル、人がまるまる入る箱みたいなやつだ、入ると密閉して中の酸素の濃度をなんとかして上げるみたいなものだったと思う。20代のころ試したことがある。

当時はこういう良く分からない健康法が大好きであちこちで変なサービスを受けていた。たしか疲労回復に効くとかそういう触れ込みで、入ると外界とは気圧が変わるんだったか、中で耳抜きをしてくださいと言われたのを覚えている。

男性のスタッフが2人でやっていたお店で、雰囲気から上下関係があるのが分かった。1人が社長椅子みたいなのに腰かけてあれこれと効能を説明してくれて、もう1人は実務担当でお客の世話をやく。んだけど、入って小一時間中で寝て、終わって出るころには偉い方の人がどこかへ行ってしまっていなかった。

すると平社員だと思っていた方の人が急に偉そうになって、例の社長椅子に座り、足組をして両手も組んで膝の上にのせキリっとして「いかがでしたでしょうか」みたいなことを言うので、なんだこれはと思った。

酸素で疲れが抜けたかは忘れた。

帰って綿棒で耳掃除をして、おやつに冷凍のフライドポテトを揚げて食べ、マンガを読んでいると子らが帰宅。息子が「怪獣8号」と「天地創造デザイン部」を買ってきたので借りてまた読んだ。

娘は文具店でたくさん買い物をしており見せてもらう。ファンシー文具のデザインが、YOASOBIとかああいうボカロ発みたいな雰囲気でへー! と感心した。

f:id:mabatakixxx:20210308134701j:plain

花粉の影響か娘の目が赤い。目薬を差すように言うと、息子が目薬のコツを教えている。さしたあとはティッシュでぬぐわず、まばたきもせずに目をぎゅっと1分は閉じよということだった。娘は素直に従って強く目を閉じた。目からあふれた目薬もぬぐわない。顔の側面を流れていく。そこはティッシュでいいんじゃないかと思った。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。