まばたきをする体

く からはじまって き で終わることば

息子と黙ってパンを食べていた。

食パンは飽きたなあと息子が言って、じゃあ明日はご飯を炊こうかねえ、ああいいねぇそうしようなどと話す。

食後洗濯を干していると娘が起きてきて、あれ? 今日パンなの? 昨日グラノーラ買ったじゃんと言うのだ。あ! そうだ!買ったな!

娘はパンを横に置いてグラノーラを食べ出した。記憶力が良い上に遠慮がない人がひとり良いものを食べる朝。パンは帰ってから食べるからとおいて学校へ駆けていく。

息子もでかけていき私は今日も在宅勤務。朝にご飯を炊く気持ちが盛り上がったので昼に炊いてお味噌汁と食べた。

午後も仕事をしたりリモートで打ち合わせに出るなどしているうちに子らが帰ってきてまた習い事やらに出ていく。

どうも最近兄妹のあいだでヨーグルトをストローで吸うのが流行っているらしい、ふたりともグラスに盛っては吸っていた。

仕事を終え、隣町にバレエの稽古にでかけた娘を迎えに出た。ついでに評判の惣菜屋で晩のおかずを買う計画だったが、のぞいてみると混んでいて迷いなく諦める。

私はさっとスピーディーに諦めて、しかし諦めた後、あれ? となるとどうすれば良いんだ? と慌てることが多くて、今日もそうだった。家では惣菜を仕入れて帰るつもりで炊飯予約と味噌汁の用意しかしていない。

結局帰りにスーパーへ寄って安くなっていた天ぷらを買った。娘には飲むヨーグルトをねだられいちご味のを買う。ヨーグルトが飲みたいという気持ちが強い。

帰ってみんなで天丼にして食べる。芋天がおいしくて、でも大ぶりに切ってあげてあった筍の天ぷらはいまひとつだった。

食後、あのゲームをやろうと娘が言って、昨日床下収納から出てきたカードゲームの「ワードバスケット」だ。

ひらがなの書いてあるカードで、場に出したカードに書いてある文字から始まって、手札のカードに書いてある文字で終わる言葉を考えてはカードを買っていく遊び。

娘は昨日私と兄に勝って、さてはまた勝とうとしているんだな。

このゲーム、全員が知っている言葉かどうかがかなり大きなポイントで、固有名詞は可能とされているが私だけが知っている固有名詞では兄妹は納得してくれない。

いっぽう子らもそのつもりなく言葉を捏造したりする。

息子が「南蛮焼き」というワードで上がっていき、なにそれ? そんなんある? と私と娘で文句を言って辞書で引いたり(あった)、そのあと娘と1対1になった私が「たわわ」で上がるも娘はそんな言葉は無いと泣いて、ルールも大事だが、なにしろ仲良くしよう! ということになった。

それからは、みんなで意義の出そうな言葉は事前に確認し承認を得ることで場に出せることにして、娘による く からはじまって き で終わる言葉「クイズ形式」等が他プレイヤーの承認を得て通過していくなど戦況はおだやかになった。

「クイズ形式」はこの日わたしが一番好きだったワード。あるよね、クイズ形式。

今日はコツを得たのか手札が良かったのか兄が強かった。勝つまでやりたい娘に付き合ってだいぶ遊んだ。

夜になり近所の方からLINEが来る。来年度の地域の役員をやってくれないかとの話。おっと、私は今年度やらせてもらったので来年は勘弁してくださいと返すと、誰もいなくてほとほと困っているとのことだった。

とりあえず免除してもらえることになるも居心地悪く、落ち着かないまま耳の上のへりに違和感がありさわると乾燥で皮膚がすり切れて血が滲んであわてておさえた。

麻雀ゲームをやってスカッとしようとするも負けるころ、息子がガラガラガラッと居間のふすまを開け(映画の)「マトリックス」観た! 面白かった! とだけ言って寝ていった。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。