まばたきをする体

すべてのかばんにペンを

皮膚じゅうがすべすべなのだが気のせいか。

なにか覚えがあるといえば、最近友人にすすめられて買った青汁を飲みだしたことでそれか? 友人からはお通じに良いという話を聞いたので皮膚がどうなるとは思っていなかった。

それともあれだな、皮膚に関してはまた別の友人のすすめで長くサプリメントを飲んでおり、なにかのはずみでそっちが効きだしたのかもしれない。

すべすべはとてもうれしいのだけど原因がよくわからないので落ち着かない。落ち着きのなさが不安に変わり、うれしいことなのに手をなぜては疑心を感じている。

娘は今日も遅起きだった。息子の話によるとかなり遅くまで本を読んでいるのではないかという話だ。朝ごはんを食べ終わるころにはほとんど午前が終わりかけていた。

それで昼ご飯は少し遅めにして、息子がホットケーキを焼いてくれた。この人はなんだかよくわからないテンションのところがあって、行程を実況中継風にするからずっとうるさい調理だった。

上手に焼き上がり食べる。食間の短い娘もよく食べて、ホットケーキはおいしいからな。

午後は久しぶりに3つとなりの街にある国道沿いのお店に用があり自転車に乗って走った。自転車は家の前からいきなりスピードが出るのが好きで、せっかちにとっては最高の乗り物だと思う。

ただ一時期かなり乗って「どうやら遠くまでいくときは駅までゆっくりとはいえ歩いて電車に乗ったほうが到着が早いぞ」と当たり前のことを実感してしまって、すると今度は電車がすごい! という気持ちが盛り上がり最近はすなおに電車に乗っていた。

自転車で遠くに行くと不思議と行きは遠くて帰りが近い。

帰って息子に何もおやつがないのだと訴えられ、そんならクッキーでも焼こうかねと粉とバターと砂糖を混ぜてまとめたところで、バレエの稽古に行った娘を迎えに行く時間になってしまったことに気づいた。

こねた生地はまあいつか焼けばいいやと冷蔵庫に寝かせた。休みの日で仕事でもない作業はこうしてナメてかかれるのが良い。ただし息子はおやつが食べられなかった。

娘をピックアップすると、次の稽古の日程についてレシートの裏に書いたメモが渡された。先生に口頭で言われたことを書きつけたそうだ。

お礼を言ってよく筆記用具を持っていたねというと、娘はどのかばんにも必ず1本はペンを入れているとのこと。「学校で先生にそうすすめられたんだ」

どのかばんにも必ずペンを入れておくべきなのは本当にそのとおりで、しかし私などはそうは思ってもついさぼって出先でボールペンを買うことの多い人生だ。

そうせよと言われたことを素直に受け入れて実践するのはなかなかできないことで素晴らしいねと言うと娘は嬉しそうだった。私も全かばんにペンを入れよう。

娘と実家に寄って、父が作った恵方巻を受け取った。父は退職後なぜか急に地域の料理教室に通って腕を磨きもう何年にもなる。

父は恵方巻伝説に対して素直で、娘に今年の恵方は南南東だから、その方角を向いて1本、無言で笑って食べると良いよとすすめており、ついでにネーブルとカルパスもくれた。カルパスがクラシックなもので、実家というのはどこからこういった由緒正しく実家らしいものを調達するのか。

f:id:mabatakixxx:20210207123005j:plain

家には姪っ子もいて、クラスの隣の席の子がのりの容器にジュースを入れてきて飲んでいたのだという話を聞かせてくれた。のりの容器はよく洗ってあったとのこと。すごいすごいと娘と感心する。

帰って夜は父の巻いた恵方巻をありがたく食べる。息子と私は適当におしゃべりするが娘が静かで、あっ! 祖父に言われた通り無言で1本食べんとしているんだ!

息子が「俺もうしゃべっちゃったよ」というと娘は「あ~らら」という表情をした。そして食べきり、はっはっはと笑っていた。

すべてのかばんにペンをペンをと思うだけ思って寝た。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。