まばたきをする体

世界一の墓

今日は久しぶりに会社へ行くので乗る電車に敬意を表しワンピースを着た。

家で仕事をするときはズボンをズンっと履いてセーターを雑にかぶるように着るだけなので、電車を敬う気持ちが現れていると思う。

いい天気の日だ、路地を通り抜けるとあちこちで踏まれた大豆が粉になっていた。

節分の翌日が十分に感じられ、外に出かけるのが今日でよかった。

会社で用事をすませて同僚がやってる写真展に行く。きれいな写真を見て、来たあかしに写真を撮ってもらった。

f:id:mabatakixxx:20210204142828j:plain

会場はヒカリエの8Fで、同じフロアのコワーキングスペースには縁あってたくさん顔見知りのスタッフさんがいるので流れで会いに行く。

知っている人に会えると嬉しいの、なんなんだろうな。世の中にはほんとうにたくさん人がいるもので、だから、こんなにたくさん人がいる中に、なんとなんと知っている人がいる!!!! というのが興奮するのだろうかな。

挨拶をして、よし、うれしさOK、と思って帰ろうとすると、中の一人がはっとした様子で「チョコいりますか!?」と急に言って、バックヤードからブルボンのビットチョコを持ってきて握らせてくれた。

わあ~い。

知り合いに会えるのもチョコが手に入るのもうれしい。

帰り際、墓場の脇を歩いていると中で作業している人たちが「これは上手にできたな」「世界一じゃないか」と話していて、世界一の墓を見てみたかったが柵で覆われていて見えない。

夜は冷蔵庫のなかにカレールーが半分だけ残っているのがずっと気になっていてようやくのカレー。ちゃんと玉ねぎをよく炒めた。

みんなで食べながらテレビのニュースを見た。公職選挙法違反の事件で金を受け取った人たちが「困るといったのに無理やり渡された」など言っている様子が流れている。

「困るといったのに無理やり大金を渡されるのか」と息子が言うので、なんとなく「100万円出します、紅白歌合戦のけん玉チャレンジ、よろしくお願いします!」と言うと、息子は迷っていた。

「あれ、失敗するとどうなんの」「ものすごいなぐさめられるんじゃないかな」

食事を終えてからけん玉を数回やって失敗せずに皿に乗ることを確認し「俺、出る」と言っていた。

それから娘とふたり、ぬいぐるみを持ち合ってボクシングをさせていると息子が「今日友達がみんなで遊園地に行ってたらしい」というじゃないか。「ええっ! な、なんで行かなかったの!?」「いや~、誘われなくて」「え~~~~っ」

ショックだ。ぬいぐるみボクシングどころではない。

誰かに何かに誘われない、自ごと以上に家族ごとだとこれがとてつもなく寂しい。

「なんでだい、きみがLINEをあまり見ないのがいけないんだろう」
「だいじょうぶかい、さみしくないのかい」

放っておけずあれこれ声をかけると、息子は「いや大丈夫。お母さんが思ってるようなやつじゃないから」といって肩をもんでくれた。「そんならいいけど……」

肩もみが気持ちよかったので去年の母の日に娘にもらった肩たたき券をひさしぶりに出し、娘にも「ひじで背中をぐりぐりコース」をやってもらった。

夜は今日もDSで麻雀をやる。麻雀というと私にとっては祖父母宅でやるもので友達の家とかまさか雀荘でやるほどのスキルはない。

DSはプログラムと対戦している(というんだろうか)が、わりとみんなだまてん(リーチの宣言をしないやつ)をして、うちではそんなことすると伯父さんがむちゃんこ怒るしおばあちゃんも機嫌が悪くなるのでひやひやする。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。