まばたきをする体

もともと向いている方向が恵方

朝の苦手な娘と接するのが格段に楽になった。というのも、先日ふとした拍子に、娘が起きようと自分で決めている時間を知った。

これまで私は、娘は何も考えず、ただ出発の時間だけは分かっているのだと思っていた。だから出発時間ぎりぎりまで寝る。私がいくら声をかけても起きてこない。

しかし実はそうではなかった。娘にも一応、余裕を持って支度をするために7時半には起きようと目安を持っていた。ぽろっと言ったのを聞いてはじめて知った。

時間を握り合ったことにより、私も7時半までは起こさない、7時半からは強烈に起こすなど起こしの作業に緩急が付くようになった。自信をもって起こせるようになった。

なにごとも自信が大事とはよくいうが、これもか! と言う思い。

私が胸をはりひるまず起こしてくるので娘にも起こしの力がよりよく伝わるようになったようで、最近は声掛けに対する反応もずいぶんよい。

今日も小幅ではあるが余裕をもって起きてきて、そして居間のふすまの上の部分(長押というらしい)にかざってある鬼のお面を眺めていた。

f:id:mabatakixxx:20210203130607j:plain

今日を「節分だな」と意識して起きてきたんだな。私も一緒に見た。

娘が保育園の年長のときに作ったもので、うちのいまにはこのお面は節分のときでなくても通年飾りっぱなしにしてある。よく見るとほこりがかぶっていて、掃除しないと。

子どもたちが出かけ、私は今日も在宅勤務。

資料を探していると紙束の下から500円と書かれた文具券が2枚出てきた。去年親戚からもらったやつだ。そのうち使おうと思って忘れていた。やったぜ~と盛り上がるが、これどこで使えるんだろう。文具専門店ではまあ使えるだろうけど、書店の文具コーナーの商品なんかも買えたりするんだろうか。

昼休みにネットで調べてみると、文具券は2010年10月末で発行が終わりその年末にはもう使用できなくなったんだそうだ。

ガーン! というよりは、へ~~! だ。圧倒的、へ~~!

Wikipediaには、使用終了時点で42億円分の未使用券が流通していたともあった。へ~~~~!

券をくれた親戚宅は古い家で、こういった古い金券やらなにやら他にもあれこれありそうだ。家というのはすごいんだよな。一回入ってしまうと住人が捨てるとかあげるとか動かさないかぎりずっとその家の中にあり続ける。

午後は会議などがあって、その間に子どもたちが帰宅し私が作業するそばで豪快に冷蔵庫を開け閉めするなど生活音を立てるのでミュートにした。

仕事を終え、よしと気合を入れて恵方巻と豆を買いに出る。

スーパーは緊急事態宣言を受けて閉店が早く、そのせいかできあいの恵方巻はまだ夕方にもかかわらず残り少なくなっていた。一昨年くらいからか恵方巻の廃棄が問題になっていたが、数少ない恵方巻を狙い品定めをしながら周囲をうろうろする人たちが多く、間違いない完売を確信し売り場担当者の気持ちになってほっとした。

ほっとしつつ、乗り遅れないように集中して選んでさっと買い物かごに入れた。

太巻きで3本買ったが種類がいろいろあるので1本を三等分にして大皿に乗せたところ、これのどのへんが節分なのかよという光景になってしまった。広場に土管の本数が多すぎるみたいな様相だった。

みんなで食べる。

私はまあいいいかと思っていたが、娘が聞いてくるので検索して恵方を調べ、スマホのコンパスでおおむねを見定める。娘は素直に恵方をむいて食べ、息子もならっていた。私は偶然、もともと向いている方向が恵方だった。縁起が良い。

ある程度恵方は向いたので、よし、ということになってあとはテレビで「相席食堂」を観た。

食後、まあもう形だけね、と豆を数粒渡すと娘も息子も全力で肩を回して外になげた。地面に当たってカツンと音がする。

福は内、のほうは娘と息子が投げ入れるのを私が受け取って食べるコーナーになった。子どもたちは自分の年の数だけ袋から取って食べた。

夜は今日もゲームストップ株のニュースばかり読んでしまう。これではいかんと、NintendoDSの麻雀のソフトが久しぶりに出てきたので懐かしくプレイした。えっと思うほど弱くなっている。ぜんぜん聴牌らないし、めちゃくちゃふりこむし、落ち込んで寝た。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。