まばたきをする体

涙をこらえて口をもごもごさせる

スズメバチじゃなくて、ほんとうにスズメくらいに大きい蜂が耳もとにいる夢を見て、羽音のブルブルブルっという音と振動でびっくりして払いのけて起きた。

こんなVRな夢があるのか。

子どもの頃は乗っている車の横転の夢とともに寝がえりをうって目覚めることがよくあったけど、それくらいリアルだった。

冷凍庫にはスーパーで袋で買ってきた食パンが入っていて毎朝3枚焼く。今朝あたらしい袋を開いたらやぶけた。

私がひごろ買っているなかで一番安い食パンで、パンが安いとビニールも薄いのだろうななどと思いながらジップロックにつめかえた。

子どもたちは学校へ行き私は仕事、作業の日でやいやいやる。打ち合わも夕方まで1件もなく、やいやいやいやいやり続け、人と話さずいちにちパソコンに向かっている、途中これは何かの間違いではないかと不安になったが続けた。

夕方の打ち合わせで間違っていないことがわかってよかった。

仕事を終え、娘が帰ってきたので少しぬいぐるみで遊んで、それにしても私たちはよくぬいぐるみで遊ぶ、息子が帰ってきてパソコンでつかいたいソフトがみあたらなくなったというので探し方を教え、それから洗濯をとりこんでスーパーで買い物。

うちにはいわゆるママチャリがないので買い物にもクロスバイクでいく。カゴがついていないので買ったものはリュックにつめて帰る。リュックは容量が大きい物ではなくて、いつもぱんぱんになる。

仕事にも使っているリュックなので帰ってふくれたリュックから食料が出てくると「へぇ~」「そうなんだ」みたいに意外に感じる。

分かっているのに意外な気持ちでヨーグルトやらパンやらを取り出して冷蔵庫につめかえた。

夜は冷蔵庫の片づけであるものを適当に食べた。テレビで「ルパン三世 PARTⅢ」を観る。「ルパン三世」、第2シリーズはほとんどどのエピソードを2回はみたことがあるくらい、子どもの頃やたら再放送で観たけども、PARTⅢはほとんど観たことがないやつだ。

ボタンダウンのボタンがでけ~とみんなで言い合った。

海辺に漂流するみたいなシーンがあって、そこから娘が「十五少年漂流記」は読んで口がもごもごした、というので、なんで? と聞くと、感動したから、といいう。

「感動すると口がもごもごするの?」
「涙をこらえて口をもごもごさせるから……」

そうなのか。

テレビではルパンたちが手に入れた金塊が出てきて息子が「きんこんだ~」と言った。

「きんこん、じゃなくて きんかい、では……?」
「え、きんかい? あ、金塊なのか」
「きんこんってなに?」
「金魂だと思ってた。たましいとかたまりを間違えてた」

漢字の間違えから読み方を間違える、こんなに辻褄があう言い間違えははじめて聞いたかもしれない。

夜は本を読んで読み終えた。読み終わったところでふせんを貼ったところを振り返るのが楽しみ。「おお、そうそう、こういう大事なことが書いてあったな!」と思い返すのはもちろん「なんでここに貼ったんだ……?」というところも結構あって、ちょっと前の自分の思考が不明なのがおもしろい。

 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes