まばたきをする体

特徴:クーポンコードが苦手

この餅はあまりおいしくない。

近所のスーパーに破格ともいえる安さで売られていて、ええと目を疑い買って食べたらおいしくなかった。そんな悲しいことがあるのだ世の中には。

スーパーには2種類のスーパーがある。それは何を買っても安全なスーパーと、バッタがまぎれ自己責任が伴うスーパーだ。

行ったスーパーが後者だとは分かっていたつもりだが、私は「売ってるものはまあ大丈夫だろう、だって売ってるんだし」という甘い考えを捨てられない温室育ちなのでこういうことをたまに引き起こす。

でもあるので食べるしかない。子どもたちはまだこの不味さに気づいていないようなので息を殺した。息子はきなこ餅にして食べ、私は海苔餅にして2個食べた。

娘も海苔餅は好物なので2個焼いて起こすが声をかけるなり「そんなには食べられないよ」と言われてしまった。こっちからまだ何も言ってないのにすごいね。

起こすのがいつもより遅れたので、登校時間が迫っており朝食はそんなに食べられない、ということを言ったらしかった。

言った通り娘は海苔餅をひとつ残した。残ったひとつを私は食べた。

おいしくないけど、おもちが大好きなのでつい。

もぐもぐしていると何を食べているのだと息子に気づかれ、娘の残した餅と言う。

娘は最近、起きたらすぐに学校に行けるように服を着て寝ている。昨晩もそうしていて、でもニットは着替えていた。「上下どちらも服で寝てたらやばいやつじゃん」ということで、娘なりの美学があるようだ。

私は在宅勤務でやーやー仕事。昼休みに用がありコンビニにいったついでに小さなあんぱんが並んで5個入ってるやつを買う。なにも考えずに2つ食べた。

娘が帰宅しておやつ何かない? と聞かれたので仕事をしながらちょっと上の空で「あんぱんあるよ」と、「3個残ってるから……そうだな、1.5個食べてお兄ちゃんにもとっといて」と伝えて、また全意識を仕事に戻してしばらくしてからパンを見るとちゃんと1つとちぎった半分が残っていた。

薄い意識で言ったことが伝わって結果が残っているのに感激する。

仕事を終える頃、息子と、作文教室に行っていた娘も帰ってきた。

娘がカバンからプリントを出して、なんかぬれてるんだけどという。えっ。確かに数枚のプリントが不自然に湿っている。ふたりでにおいをかいでも無臭でべたつきもなく、どうも水のようだ。

カバンにはいっていた他のものは無事で、ファイルに挟んであったプリントだけがぬれたらしい。作文教室を出る直前に乾いていることを確認しており、ぬれるとすると帰宅中か帰って自宅でか、どちらかになる。

自宅を調べるもカバンをおいたあたりにぬれはなく、では帰宅中にどうにかなったんだろうという話になったが、なぜプリントだけが塗れているのか。

手品っぽい。

よくわからないままプリントを洗濯物干しに娘は干していた。一緒に帰ってきた友達の一人が水のペットボトルを持っていたから、バスに乗っているときにそれが漏れたのでは、というところでいったんはまとまった。

プリントから水が出た事件として大事に覚えておきたい。干したプリントはすぐに乾いてかぴかぴになった。

夜はもらいものの冷凍炊き込みご飯を白飯2合にまぜて希釈しようとしたところ炊き込みご飯のほうの量が少なく息子からそれでは味が薄くなりすぎると反対の声が上がる。が、強行した。

f:id:mabatakixxx:20210114133139j:plain

結果やはり圧倒的に薄味になり、子どもたちから今後は節度をもった希釈をと迫られ深く反省した。

夜は友人にすすめられたサプリメントをネットで買ったところ、初回割引のクーポンコードを見落としていたことに気づいて2時間落ち込んだ。

クーポンコードが苦手すぎる。プロフィール欄に書くくらいしないと折り合いがつかない。

 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes