まばたきをする体

事情を誰かに話すときはいつも自信がない

肉まんとあんまんをフライパンで蒸かし、うまく蒸かせて「ですよね……」という気持ちだ。

f:id:mabatakixxx:20201122081056j:plain

うちには蒸し器がなく、これまで肉まんはずっとレンジで温めていた。

フライパンの底に足のついた網を置いて蓋をすれば蒸し器がなくても蒸せるよなあとは思っており、でも肉まんを蒸かすといえば蒸し器かレンジという印象が強く、それでその印象にしたがったままだった。

ああ……ですよね……フライパンでもぜんぜん蒸かせますよね……。

こうした「いままで何だったのかよ、わかっていたのに」みたいなことはたまにある。銘々皿に肉まんを配って起きてきた息子と愚痴はいわずに食べた。肉まんはうまいうまい。

途中でおなかがいっぱいになって、あんまんを半分息子にゆずるととても喜ばれた。2分くらいしておなかに余裕を感じちょっと後悔した。

娘は作文教室へでかけ、鼻水をたらしている息子を耳鼻科につれていく。うちは家族全員が鼻炎だが、気温のあたたかいうちは症状がましな傾向にある。そろそろかなとは思っていて、でも気づいたら息子はもう「そろそろ」どころではなくぐずっぐずになっていた。

中学にあがって勉強を自室でするようになって息子の様子に気づきにくくなっている。

病院ではいつもの先生に「どうした、また鼻かい?」「あ! 調子悪いな~」と診ていただいて、調子の悪さに太鼓判が押された格好。いつものアレルギーの処方箋をもらった。

先日息子はインフルエンザの予防接種を受けて、その際鼻水を指摘され一般的な風邪薬を出してもらった。そこにかぶせるように今回かかりつけからアレルギーの薬が出た。

これ、どちらの病院も耳鼻科なのだった。かかりつけが予防接種を実施していないためこうなった。処方時に薬剤師さんに事情をうまく説明できるだろうかと不安半分、めんどくささ半分の気持ちになる。

事情を誰かに話すときはいつも自信がない。

ほげほげ説明するとしかし薬剤師さんは一瞬で理解してくれたのだった。プロにとってはよくあることだろうものなと思いつつ、よかったー。

息子は中間テストの勉強期間らしく、午後勉強をするから冷蔵庫に入っている「モンスター」を飲ませてもらえないかとせがまれた。先日、道でサンプルを配っていたのをもらったやつだ。

ひごろエナジードリンクを飲みつけず畏れを抱いている者としては不安があり、恥をしのんで「エナジードリンク 何歳から」で検索する。まんまといわゆるトレンドブログがヒットしインターネットめ……という気持ちになるが、メーカーが15歳くらいからと言っていることがわかった。

息子は13歳なので2年保管することにした。

娘が話しかけてきて、うちのクラスには「田中だいすけ」くんと、「田中たいすけ」くんがいるんだよ~! という。

「へえ、すごい、僅差だね。呼び分けにくいね」
「そんなことないよ、『だ』と『た』って、ぜんぜん違う音だよ、字の形は似てるけど、音はだいぶ違うから大丈夫なんだよ」

……お、おおお。そうか、確かに、そうだな。記号として考えているから似ているけど、純粋に音だけだとかなり違う。

それから娘はバレエの稽古に行く支度をして台所で少し踊って出て行った。

私は隣町のカルディでピーナツバターとラザニアの素を、それから電気屋で化粧品を買った。

電気屋のポイントが中途半端に余っていて近く期限が切れることがわかり、電球でも買うかと行くと化粧品やら日用品が多数扱われていた。高額の家電でたまったポイントを有効活用させるためだろうか。ちょっとパチンコ屋みたいだ。

探していた化粧下地があった。ポイントを使いきってたりない分を別途はらったところ、また50ポイント入った。

バレエを終えた娘が「へっへっへ」と帰ってきた。クラスでトゥシューズは娘が一番最後にはじめて後輩だったのが、新たにトゥシューズを履く子が現れ、後輩ができたのだそうだ。「うれしい」といっていた。素直だ。

夜はラザニアを焼いた。とても美味しいが、ラザニアって何で食べるのが正解なんだろう。スプーン? フォーク? わからないねと話しながら3人箸で食べていた。

2020/11/22(日) 文学フリマ東京に出展します。ト20 です。
新刊を持って行きます。開催情報は公式サイトでご確認お願いします~~っ!

・既刊通販はこちらです。新刊の通販はイベント後にお知らせいたします。
大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes