まばたきをする体

当然のようなそぶりで二人で行く

息子が、ランニングシューズを買ってくれと言い残して学校へ行った。こんど学校で7キロ走るイベントがあって、今はいている街履きのスニーカーでは走りづらいんだそうだ。

子どもの靴は成長してサイズが合わなくなったら買えばいいとだけ思っていたが、ここへきてサッカーのスパイクやトレーニングシューズなど用途で買うことが増えてきた。

人間として成長し、行う活動の種類が増えたということだろう。祝福するべきだが……めんどくさい! スニーカーは試着をしておきたいのでネットでは買いづらい。

週末に息子を連れて街へ買いに行こう、でも忘れそうだなと思いながら、今日は私も午前中に事務所へ。出がけに調剤薬局に寄り、帰りにまた取りに来ると約束して処方箋をあずける。

靴を買いに行くのも忘れそうだし、処方箋をあずけたことも忘れそうだ。スマホのTODOにメモした。

必要な作業だけしてまた自宅にもどり在宅勤務。よーし、やるぞとTODOリストを見たら「薬を取りに行く」と書いてあった。

おお……帰りがけにピックアップするつもりだったの、あまりにも案の定忘れたな……。まだ昼休みの時間だったので慌てて取りに行った。

これ、忘れそうだなあと思うことは本当にちゃんと忘れる。せめてTODOリストに書いておいて本当によかった。一生忘れるところだった。

午後も会議に出るなど仕事をして、終えて塾から帰ってきた娘と駅までSuicaのチャージに行った。

娘は毎週の作文教室への行き帰りにバスを使っているが、残金が10円だといわれていた。最近あまり電車に乗ることがなかったのでチャージのチャンスがなかった。

ふたりで玄関へ行って靴を履いて、先に履けた娘が玄関の前で待ち、私が遅れて出て、それから手をつないでぶんぶんしながら駅へ行く。

わざわざ二人で行く必要は全くなかったのだがそれを娘に伝えず、当然二人で行く、そういうもののように声をかけてこうして出かけた。

1枚のSuicaにチャージするためにわざわざ二人で駅まで、電車に乗りもしないのに行くのだ。とても丁寧な暮らし。

1000円、娘に渡して券売機でチャージをした。

帰り道、大きな通りの信号待ちをしているときに、娘が「『徳』の字をみるとその下に『川家康』って書きたくならない?」と言い、気持ちは分かるとこたえた。

それからあともう10歩くらいで家というところで「そういえば上履きが小さいんだ」と言われる。「ありゃ、そうなの」「足の指をまるめて履いてる」

それ、ずいぶん小さいじゃん! すぐに買わないと。ごはん食べたらAmazonで買おうかねと話した。

帰ると息子も帰ってきていて、週末に受ける英検の案内が来たんだけど上履きが要るというのだ。

息子の中学校は土足方式のため上履きは持っていない。まさか買わねばか。

ランニングシューズと娘の上履きと息子の上履きと、こんなにも靴を買わないといけない日がかつてあったろうか。

靴に追い詰められながら晩ご飯の支度をして食べたが、食べ終わったら満腹で幸せになり上履きをAmazonで買おうというのをすっかり忘れた。

夜は自分にやらねばならないことがあったため子どもらにも勉強しろしろ言った。言ったら二人とも勉強をしていた。どうやら宿題を終わらせていなかったらしい。

ガミガミ言ってしまったなとちょっと反省したところがあったが、言ってよかったパターンだった。

寒いが薄着のパジャマで布団に入った。布団が地肌に当たるのが気持ちのいい季節だ。

寝入る瞬間に「息子の英検の上履き、体育館履きでいいんじゃないか!」とひらめいた。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes