まばたきをする体

あずきを買って待ち構えていた

わたしたちが「ゴルフ場公民館」と呼んでいる公民館がある。ゴルフの打ちっぱなしの近くにあるから、ゴルフ場公民館。娘と自転車に乗り向かった。

娘は昨日納車された新しい自転車が、これまで乗っていた兄のお下がりのものよりも体に合って乗りやすそうだ。

服や靴がそうだが、子どもは自転車も体に合わせて大きくする必要があって、大人にはない買い方をせねばならない。徐々に体が大きくなるという子どもの特性に感じ入る。

お下がりの子供用自転車は全体に傷んで誰かに譲るにはもう危険な域ということで自転車屋にひきとってもらった。うちの駐輪スペースには大人サイズの自転車が3台になった。

ゴルフ場公民館に着くと書道の先生と作文教室の先生が待っていて、今日は娘の通う作文教室主催で象形文字の書道講座が開かれることになっている。

書道の先生をお呼びして、子どもたちがおのおのの干支を象形文字で書写するそうだ。

娘を預けて私は自宅に戻り、帰ってあずきを買って待ち構えていた息子とあんこを炊いた。

夏休みの家庭科の宿題で、好きな食べ物を手作りするという課題が出ており息子は粒あんを選んだ。検索したレシピ通りにやればいいのでとくに私がセコンドに着く必要はないとも思ったが、不安なようなので付き添った。

息子は手際よくあんこを作り「こんなに簡単に作れるならもう買う必要ないじゃん!」と開眼していた。ぜひ今後も冷蔵庫に常備してほしい。

そのうちに自分の干支の「寅」の象形文字を色紙に書いて娘が帰宅。ついでにローマ字でも「TORA」と書いたと見せてくれ、すみやかに飾った。

昼はゆかりのおにぎりをにぎって食べておいしくて、それから午後はそれぞれに仕事。私は同人誌の発送をほくほく楽しんだ。

夕方、娘をバレエの稽古に送り、稽古場の近くの喫茶店が空いているのをみつけてレモネードを飲んで本を読んで、読み終えてしまい、図書館へ。

図書館では併設のホールでなにかの公演があるらしく人が並んでいて、係の人が「入場を開始します、ご自身でチケットをもぎって、半券を入り口に置いてある袋に入れて入場してください」と案内している。

チケットを、もぎりの方がもぎれないのが今なんだな。

稽古を終えた娘とカップ麺を買って帰った。

そう。今日の晩ごはんは……カップ麺だ! 子どもらが痛切に希望し、そんならと受けた。私と息子はしびれる系の辛いカップ麺、娘はみそ味のカップヌードル

開封しながら娘は、お湯を入れる間にふたを止めておくシールの存在を見つけ大興奮していた。「これは便利だね……!」

晩ご飯がカップ麺の罪悪感をなんとかするため、いただきもののナスとピーマンを温野菜にしてつけた。

娘がカップヌードルから肉をつまみ「これが……謎肉?!」というので、そうだよと優しく教える。「うわ~~! 本当に謎だ」

息子はなんと謎肉を知らなかったらしく「なにそれ」といって、今度は娘が優しく教えていた。

「お兄ちゃんにもひとつあげる」といい箸でつまんで、すると息子が箸で受け取ろうとするので「箸で一つのものをつまみ合うのは亡くなった人のお骨を拾うときのやつだからだめ!」と小皿を挟ませた。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

f:id:mabatakixxx:20200816090846j:plain

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes