まばたきをする体

なんだこのうまそうなパンは

鼻は調子がいいと鼻水が出ないものだということを、私は大人になってから知った。

子どもの頃からずっとアレルギー性の鼻炎もちで、ずっと鼻を垂らして生きてきて、人間に鼻水が出ない日があることを知らなかった。

私がそうなので子どもたちも同じように鼻炎で、小さなころから耳鼻科に通って鼻吸いをしたり吸入をしたり薬をもらったりしてしのいでいる。

ふと、もしやと思い「今日、鼻かんだ?  」と聞く二人とも「えっ?」と反応して、娘が「鼻水が出ない日なんてあるの?」と返してきて、やはりか!

鼻炎は私は30歳を過ぎてずいぶん良くなった。それこそ1日鼻をかまずにすむ日もめぐるようになった。子どもたちも早くそういう日が来ると良い。

願って送り出し、私も仕事。午後から事務所に行くべくあたふたしていると息子がもう帰ってきた。今週はテスト期間で半日授業だそうだ。

自分で缶のカレーを用意してもらうことにして出かけた。

撮影などあれこれ作業をした。来客を送るときにドアから何か落ちたと思って見ると「押す」のプレートで、文字は有るべき場所から離れるととても面白い。落ちた床が「押す」部分になっていた。

帰り際、良いパン屋を通りがかったので昼休み代わりの時間だしたまにはと思って入ったとこサッと買って出るはずがあれこれ悩んでしまい、ぶどうパンに決めたが長考すぎて夕方の定例ミーティングに遅れてしまった。ヒー。直にパンを買っていて送れましたと連絡する。しまった……。

あわてて帰って残りの仕事をした。

パンを台所に出しておいたところ息子がちゃんと「なんだこのうまそうなパンは」と反応してくれて満足。買い物はほめてほしい。

f:id:mabatakixxx:20200714134231j:plain

それから習い事から帰ってきた娘を連れて皮膚科へ。怪我して処置してもらったあごの傷を診てもらう。

先生と看護師さんと私と3人、先生が娘のアゴからぺりぺりはがすガーゼの中を見守った。

傷があらわになったところで、いいじゃないですか! と先生が言い、看護師さんも「いいですね!」私も「きれいになってますね!」と一気に診察室が盛り上がった。

傷は閉じて軽いかさぶたになっていた。

よかった、よくなった、さすが子どもは治りが早いですね! などとわれわれ3人が盛り上がる輪の中心で娘がポツンとしているのに気づいた看護師さんが手鏡を娘に渡してくれた。

背面がバラの柄になっている古い手鏡でかわいらしかった。娘は見て「はい」とうなずいていた。

帰ると息子に夜は映画を観ようと思ってるんだと言われ、明日から中間テストではなかったか。

私が中学生のころテスト前にほとんど勉強をしなかったので言う権利はゼロなのだが、権利がゼロなことを息子には隠して言った。

「テスト前って勉強だけするものだよ」
「え? そういうものなの?」
「たぶん……それで友達に『おまえ昨日勉強した?』って聞かれて『してねーよ~、映画とか観ちゃったよ』なんて言うまででワンセットなんじゃないかな」

すると息子は「そういうものなのか……知らなかった……」と本当に素直に机に向かった。私も「そういうものだよ」と誰か言ってくれたら勉強をやっただろうか。自信が、ない!

それから、娘の算数の通信教材の丸つけをすると、空白に計算などする気配もなくものすごい正答率だ。これは……もしかして……と思うも、まさかなと思いながら「お母さんこれぜんぜんわからなくて教えて」と言うも娘は答えられず、答えを書き写したのだと白状した。確かに内容がかなり難しい。

明日からは一緒にやろうと言った。ちゃんと続くだろうか。

 

 この日記を本にして売っております(刷り増して販売期間を延長しました……!)。完売していたエッセイ本も増刷して在庫反映しました! なにとぞよろしくおねがいいたします。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも取り扱っていただいております~。

 

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes