まばたきをする体

思惑がすれちがって男女関係のよう

娘が学校に行って、息子は在宅学習、私も在宅勤務なので2人体制の日だった。

学校がなんとかいまのところ軌道に乗っており、子どもらの家庭学習がとことんまで不安だったころに比べるとすばらしく私は生きやすくなった。

大切なものの価値は失って気づくとはよく言うが、一旦失って大切さにいやというほど気づかされ、そこからまた供給されたのが今だ。

親孝行したいとき時分に親はなし、と思ったところでひょっこり親が帰って来てくれたみたいな状況。学校に孝行がしたい!

昼は息子がいるのでなんらかの昼らしいものを作らねばならない。そばとそうめんが一束ずつ余っていたので別々に茹でて、息子がそばを私がそうめんを取った。

そばとそうめん、半分ずつにしてもよかったが、ゆだるのが時間差だったので担当制とした。

息子を呼ぶと「今日の昼は断食するつもりだったのに」という。そういえば前日、昼飯はいらないから、と言っていた。どうやら、私が昼ご飯の用意を大変がったのを小耳にはさんでのことらしい。

大変ならば俺が作るよという方向が良かった……などと思う、思惑がすれちがっていて男女関係のようだ。

いやいや食べんしゃい、お腹すくろうからと蕎麦をすすめてたぐらせた。

仕事を終えて図書館に娘の予約した本を借りに行くと、おおっ! 久しぶりに書架が公開されているではないか。

しばらくずっと、予約図書の受け取りのみの対応となっていたが、そうか~~。

整理券制で入場制限が行われるようだったが夕方で空いていて待たずに入れた。予約図書だけ引き取って帰ったけれど、これまで暗かった書架の並ぶフロアのすみずみまで明かりがいきわたり、これぞ開館を感じた。

久しぶりに明かりのついた図書館は、全体、少し狭くなったような気がした。久しぶりに会った親が縮んだような。

そのままスーパーに寄って買い出し。道中、前を行く人が大きな空のエコバッグを持っていて、この方も同じスーパーかと思ったらそうだった。

エコバッグを持って買い物に来ている人が増えている。このスーパーは今年の4月だったか、レジ袋が有料になった。

有料になってすぐのころ、エコバッグを持っていないのにレジ袋を断って買った物を素手で両手に持って帰る人が結構いたのがすごくよかった。

足早に店を出て駐車場の後部座席にどさーっと置いたり、自転車のカゴに入れたりする様子を見て、生活の機微だよなと味わった。私もエコバッグを忘れては会社に行くのに背負うリュックから長ネギをはみ出させて帰るなどした。

帰って夜はシウマイを食べた。息子が「俺にはなにひとつ特技がないと思っていたが、腕の血管を動かせることが分かった」という。見せてもらった。なるほど少し動いた。

「私は小鼻を手を使わずに開閉できる」と娘が即座に対抗していた。

ノートパソコンが熱々になっており冷やしてから寝た。

 この日記を本にして売っております(刷り増して販売期間を延長しました……!)。完売していたエッセイ本も増刷して在庫反映しました! なにとぞよろしくおねがいいたします。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも取り扱っていただいております~。

 

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes