まばたきをする体

小腹は空かせておけばいい

最近ポップコーンの豆を1キロ買った。当初はすぐに飽きるだろうと思ったが、いまのところもくもくと作っては食べていて、もしかしたらこれは飽きることなくパンのように常食するのではと予感させる。

昨日も数度作った、今朝も作った。そうして朝食後しばらくのいま、また息子が作らんとフライパンをゆすっている。

この家の人は基本的にずっと全員「ちょっとお腹がすいたなあ」と思い暮らしていたのだ。そこにやってきたのが小腹満たしにはまるでちょうどいいポップコーンだった。

そもそも人は小腹を満たしてはならないというのが私の信条だ。小腹は空かせておけばいい、日に三度、大腹だけを満たす。それくらいで十分だ。

じゃあなんでポップコーン豆に手をだしたかというと、子らの必要カロリー数がどうも私の必要数を大幅に上回り始めており、子らに関しては小腹を満たす必要があるのではと思ったからだった。

でも美味しいから私も食べちゃう。

私の目の前では娘が課題をしている。鼻歌の節がアニメの「ドラえもん」でものごとがうまくいっているときによく流れるBGMだった。

昼に向け鶏肉を茹でた。計画的に昼ご飯を準備することなどまずないのでいい気になる。息子にキュウリを千切りにしてもらってうどんを茹でて棒棒鶏うどんにした。

うまいうまいと皆で食う。

それから兄と妹はお互いの写真を勝手に撮りあってタブレットの待ち受け画面に設定してやいやい盛り上がっていた。休校でまるまる自宅で過ごすうちに、いがみあう時間も増えたが明らかにこのふたりは仲が良くなった。

なにごともない世の中で4月がはじまっていたら、息子は中学に行って部活もはじまって家にいる時間はかなり減ったろう。兄妹ですごす時間などきっともうずっとなかったんじゃないか。

私も、子らをこれだけ目撃し続けることはこうでなければ有りえなかったのか。家族の顔を、家族とはいえ普段これほどまでには見ない。

夕方同僚たちとのミーティングがリモートであり、家にナメクジが出るのだという人が数人いて、うちだけじゃない! と心強い気持ちになった。

夜はテレビで「名探偵ピカチュウ」が放送された。映画館にも行ったがふさふさのピカチュウを観るために当然テレビでも観る。わかってはいたことだがピカチュウがふさふさなところがよかった。

息子が「あ、ライアン・レイノルズ」と登場人物の俳優の名前を言った。家で人と映画を観ると、誰かが俳優の名を言うものだ。子どもの頃、よく両親が言っていた。

映画を観るならとポップコーンを作ったが、みなむさぼるように食べてすぐなくなっていまい、なんかイメージと違うな! と思った。

日記本の通販、終了していましたが再開しました! 超おかげさまな事態になっており刷り増しての委託販売なども決定しました……!ありがとうございます。。 さらに夏には次の号と英訳本も出します。

kogachikako.booth.pm

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes