まばたきをする体

人が死ぬもしくはあらかじめ死んでいる

朝起きて息子がはっとして冷凍庫から氷を出した。

昨日仕込んだレーズン入りの氷だ。製氷機の半分まで水を入れ凍らせて、それからレーズンを入れて水を流し込んで中央にレーズンがくるように固めていた。

「これがレーズン氷か……」と伝え聞いてきたものをいまようやく見るみたいな雰囲気で息子は言っているが、レーズン氷という概念私は初めて聞いたな。

口に含みなめていた。「氷が割れると中から味のないぷにぷにするものが出てくる」「冷えすぎて―レーズンの味が感じられない」「要するにあまりおいしいものではない」とのこと。

続いて製氷機に水とはちみつを混ぜたものと紙パックの無糖のアイスコーヒーも入れて凍らせていた。

朝ごはんのパンをオーブンレンジのオーブン機能で焼いている。途中アラームが鳴るのでひっくり返すが、このひっくり返すときに毎日けむりが目が染みる。今日はいつもより染みて、これ合ってるのかな!? といよいよ心配になった。

検索するとドライアイだと煙で目がしみやすいと書いてあり「へ~」。こうしてすぐに因果が分かるの本当にすごいことよな。

今日もぼやぼや一日をやる。洗濯をして掃除をして、友達に連絡を取るなどした。

娘が算数の宿題をやっていて、「ベン図」の学習だった。ある一つの集団にいる「ピーマンが好きな人」「にんじんが好きな人」「ピーマンもにんじんも好きな人」の人数を分かりやすくベン図にするというもの。

ベン図で書くと「ピーマンもにんじんも好きではない人」がいちばん外周にいて何でもないただの「人」みたいになっているのがおもしろいねという話をした。

「ピーマンが好きな人」「にんじんが好きな人」「ピーマンもにんじんも好きな人」あと「人」のような。

f:id:mabatakixxx:20200517130505j:plain

昼は息子が家庭科の課題でにんじんを(またにんじんだ)短冊切りにするというのでやってもらってみそ汁の具にする。あとはご飯を炊いて3人静かに食べた。

息子のLINEにボイスメッセージが届き、1年生になったばかりの甥(息子にとっていとこ)からだ。「マリオオデッセイ、もういらなかったらください」と言っている。

ボイスメッセージでせびられるの、新鮮だな。息子が「いいですよ」「送ります」とテキストで返事をしたところ「ありがとう!だいすきです」と声が帰ってきた。

かわいいので焦って梱包しすぐに送った。息子は手紙にマリオの絵などを添えていた。息子の絵は5歳くらいの時からほぼ作風が進化していない。

午後、Eテレで放送された劇場版の「若おかみは小学生」をみんなで観る。公開時大変な話題になっていたが、なるほどこういう作品なのか。

なんかこう……すごいな……。そういえばこういうのが「物語」だった! と再確認するショックをうけた。簡単に言うと人が死ぬもしくはあらかじめ死んでいる。

足がむくむ。発泡する入浴剤でむくみに良いものがあると聞き、評判が良く安いものを調べてメモに書いて食糧の買い出しついでにドラッグストアに寄った。

メモに書いたものがなく、なにか雰囲気の近いものを適当に買った。

帰ってから、買ったもののよい評判をあらためて探した。

こうして、評判の良いものを調べる→店にない→別のものを買う→買ったものの好評を探す、と、買い物の前後に評判を調べることがよくある。

発泡する風呂で足を揉んだ。

 

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes