まばたきをする体

世界の作風ずいぶん変わったな

ムーンウォークをするので見てほしいと息子に言われ、娘と一緒に見た。ムーンウォークらしき動きをしながら、見守られて照れたらしい息子が顔を必要以上にキリっとさせたので結局は顔芸を見た時間帯だった。

自宅で私も子どもたちもそれぞれに仕事。昼はホットドックにすることにした。ドッグパンとバターがなかったのでロールパンにマヨネーズを塗ってレタスとソーセージをはさむ。

全員で作業したので台所の導線がくるいまくって全員の体がどかどかぶつかった。ぶつかるから流れ作業にしようということになって、私がパンにマヨネーズを塗って、娘がレタスを挟んで息子がソーセージを挟んだ。

3人ちゃぶ台を囲んで座りむしゃむしゃ食べた。うまいうまい。

残りの昼休みの時間、友人とビデオチャットする約束をしていてつなぐ。そんなつもりは一切なかったが画面に友人の顔が映ったら激しく嬉しくなり興奮して「おーい! おーい!」と声が出た。ミュートになっていたので解除した。

大変なことになりましたなと話した。

友人はドラマツルギーをよく学んだ人なので、今回のことにその側面で絶望したようだ。ウィルスから逃れるため人々は隔離しいまや唯一肌を触れ合わすことのできる家族間のきずなを確かめるしかないなんて、世界の作風がずいぶん変わった、もっと複雑な世界線に自分は生きていると思っていた。そういう冗談を言い合った。

午後も仕事。

子どもたちは火事がテーマのマンガが原作のアニメを観ていた。「炎炎ノ消防隊」という。設定を聞かせてもらったが、本当に火事の作品だ。

窓辺で育てている二期作の豆苗がだいぶ育ってきた。晩ご飯を食べながら娘が見て「このままどんどん育って、人の形になったらどうする」と言った。「こわいね」「こわいよね」みんなでこわがった。

息子がSpotifyからスピーカーに曲を転送して、聴いた。車のCM曲が流れていかに車のCMの曲らしいかを語り合った。

夜は友人たちとZOOMの飲み会をする。どういうはなしの流れか、頭に何か巻いてみんな集合しようというはなしになっていて、画面を開けたらみんな本当に頭に何か巻いていた。私もネックストラップを巻いた。かわいいかわいいと褒められた。みんな優しい。

話しているうちに、参加4人の共通点がエジプトにあるのではないか? ということが明らかになった。たとえば、私はファラオの形の置物を持っている。

 

------

コミックマーケット98は中止とのことですが、日記本の新刊は作ります!
・1月25日~〈日記を書く読む。魅力にせまるブックフェア〉で日記本「雨のついた網戸に消しゴム投げてみ」を扱っていただきます。赤坂の双子のライオン堂さん、蔵前H.A.Bookstoreさんで店頭販売しています(在庫は一応お問い合わせいただけると確実です…!)

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes