まばたきをする体

なんの脈絡もなく男女関係が丸くおさまる

雪が降るというはなしと降らないのではというはなし、どっちも聞いて、とくになにも考えず寝て起きて窓をあけたら雪でしかも大粒だった。

絵を描くときに降る雪は丸いが、実際東京で降る粒の大きな雪は台形というか、ぼそっとした形をしている。

息子が起きてきて「やったー!」といった。雪は「やったー!」なんだな。娘も起こすが「雪降ってるよ」程度では起きない。

卵焼きを焼いた。以前はお弁当に詰めるときくらいだったが最近朝ごはんに良く焼くようになった。好きなものが食べたい気持ちが面倒くささを乗り越えるのが料理という行動だと思うが、卵焼きには頻繁に発揮される。

娘も起きてきてぬるっといちにちが始まった。

家にいるならいるでやることが結構あってあわわあわわと終わったのが昨日の土曜日で、その続きをする。

息子は降雪の具合を注視しており、窓から見える家の屋根からざざざと雪が地面に落ちる様子を目撃して喜んでいた。

さて、実は私は冷凍たこ焼きの大ファンだ。

冷凍食品のたこ焼きを子どもの頃はじめて食べたときに、これはうまいなと思った。屋台で買うたこ焼きとも、店で食べるたこ焼きとも違う、冷凍たこ焼きとしか言えない食べ物だ。親にねだるほどには好きで、最近またその味を思い出して買うようになった。メーカーはどこでもいい。いまはトップバリュのを買っている。

タコが入っている。小麦粉の生地はむちっとしていて空洞はない。そして、すでにそこそこしょっぱい。

この独特のあらかじめのしょっぱさが冷凍たこ焼きの最大の魅力だ。

昼はみんなでありがたくこのたこ焼きを食べた。一袋20個入りだったので、子どもが7個ずつ、私は6個食べた。

午後、息子は雪のなかを散歩にでかけ、私は日記の本の作業をしたり子どもたちが持ち帰ったプリント類の整理をしながら娘のアニメ鑑賞に参加した。

娘は完全に絵柄ひとつでアニメを選ぶ。大量のタイトルがあるなかからカンで選び出して、選ぶとわりあい素直にシーズンまるまる観ている。今日選んだのは学園ドタバタラブコメものだった。

誰が誰を好きかがはっきりしていて、でも登場人物たちはその相関図を勘違いしているみたいなやつ。こういう作品の存在は本当に尊いものだ。

「付き合ってください!」とか「デートしませんか?」とか「私のこと好きなの?」とか「私じゃなくてあの子のことが好きなの?」みたいなあれこれを延々3時間くらい観てしまい、観終えたころには私のハートも恋の予感待ったなしくらいに仕上がりきってそわそわした。

娘は平然としていたが、そのうちタブレットの着せ替えアプリでいま観たアニメの登場人物を作りだした。恋の準備が万端に整った私に対し娘は「あのキャラクターかわいいな!」的な気持ちの盛り上がりがあったのかもしれない。

そわそわ気分で晩の買い物へ。寒いのでシチューにすべく買い出した。物流が戻っている。きのこも人参も鶏肉も買えた。

息子は散歩の途中で友達に会って公園で雪合戦をしたそうだ。

時間もあるのでたわむれに忠実にシチューのルーの箱に書いてある通りの作り方でシチューを作った。おいしくできた。

夜は息子と「6アンダーグラウンド」を観た。ネットフリックスでないと観られない映画で、何か月も前から観たいからネットフリックスに入ってくれと言われていたのをのんのん先延ばしにしていたのだ。

息子の好きそうなアクション映画でばんばん車が壊れるし最後の方のアクションの仕掛けも可笑しくてよかったが、悪役の成敗のしかたがあまりにも悪趣味でツイッターで怒られそうすぎて怖くなった。

最後に脈絡なく登場人物内の男女がビバリーヒルズ青春白書的に丸く収まったのに笑う。

娘は怖がって音だけ聞いて目はタブレットでゲームをしていた。観終えるころはそこそこ夜だった。

「しょ~しゅ~りき~」と歌いながら娘は寝室へ入っていった。

------

コミックマーケット98は中止とのことですが、日記本の新刊は作ります!
・1月25日~〈日記を書く読む。魅力にせまるブックフェア〉で日記本「雨のついた網戸に消しゴム投げてみ」を扱っていただきます。赤坂の双子のライオン堂さん、蔵前H.A.Bookstoreさんで店頭販売しています(在庫は一応お問い合わせいただけると確実です…!)

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes