まばたきをする体

名前を紹介するときにしか使わない名前

娘の定期の通院の付き添いのため、朝から子らの祖母が海のほうからやってきてくれた。

駅からの道を間違えちゃって、それで自信がなくなって人に道を聞いたのね、そしたら聞いてるうちにだんだん分かってきちゃってなんだかもうしわけなくてさー!

とのこと。

カフェオレとハッシュドポテトと折り紙とシチューのルーを持って来てくれた。あと肉まん。差し入れのラインナップがあらわすとおり、すごくチャーミングな人だ。

息子は学校へ。娘をたくし私も仕事へ向かう。

会議があって、みんなでポップコーンと氷砂糖を食べた。

終えて帰宅。駅からの帰り道、高校生らしき女性グループがすれ違いざまに「だからテスト中って太るんだよねえ」といっており大いに共感する。

帰ると通院後学校に行った娘も帰ってきた。「ばあばは病院に行く前に鳴子を慣らしてたよ」とのこと。娘が1年生のころに運動会で使ってとってある鳴子か。今もおもちゃ箱に入れてある。「鳴子が好きなんだって」やっぱりチャーミングだ。

ありがたくも夕飯用にシチューを作ってくれていて、鍋を拝む。

息子も帰宅し食べた。

朝もらったハッシュドポテトにつまむとケチャップとマスタードが同時に出るやつがついており「これの名前なんていうか知ってる?」と偉そうにした。

「しらない」と口々に言う子どもたち。

ディスペンパックというんです~!」「へー!!!」

静かになった。

それから息子がでもさと言う。「この名前を使うことってあるんだろうか」「確かに」「ディスペンパックの関係の仕事につけば、ディスペンパック100ケース注文入りました~!とか言うんだろうけど」「そうだよね」「そうじゃなかったら、これってなんて名前か知ってる? ってときくらいしか使わない気がする」

名前を紹介するときにしか使わない名前か。

それから少し、ものを知ることについて語り合った。

ウィルス感染が大変な問題になっており、なにしろ手洗いを慣行するばかりだが、万が一のときに共倒れにならないように手拭きのタオルを個人専用にすることにした。

娘に明日の朝まではこのタオルだけを使ってねと渡すと、これじゃなくてキティのやつがいいといって自分で出してきた。

なんでもよくない、かわいいやつを使いたい、そういう突き動かされがあるなら、それはどうか大事にしてほしいなと思った(まったくなんでもいいなら、その気概を大事にしてほしい、思うように好きにしてほしいということだ)。

------

日記の本のBOOTHでの通販、大阪のシカクさんでの委託販売は終了しました。ありがとうございました。
・1月25日~3月7日〈日記を書く読む。魅力にせまるブックフェア〉で日記本「雨のついた網戸に消しゴム投げてみ」を扱っていただきます。赤坂の双子のライオン堂さん、蔵前H.A.Bookstoreさんで店頭販売しています(在庫は一応お問い合わせいただけると確実です…!)
・イベントは5月のコミックマーケット98に申込みました!受かるといいな……。

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes