まばたきをする体

もう一度目覚める

不思議と甘いものが集まることがある。菓子にモテている! と気分がよく、こういう時期をモテ期と呼んでありがたがっている。

おとといはいちご大福をもらって、きのうはマドレーヌとクッキーをもらった。

マドレーヌを食べたらはちゃめちゃにおいしかった。クッキーも食べて、あれ、クッキーってこんなにおいしいのがあるのか、あわてて包みを見て検索したら超名店の品だ。

昨日会った友人がどうぞ、とくれたのだ。静かに「どうぞ」というので「ありがとう~!いぇいいぇい~!」で終わってしまっていた。わたしならちょっと黙っていてもしばらくして我慢できなくなってこれがどれほどの品かいちいち説明してしまうだろう。

子どもたちとも分け合った。マドレーヌもクッキーも大変な品だからと念を押した。

昼はご飯を炊いて、親戚からもらった(菓子に限らずおもえば食料をあちこちからもらっている)冷凍チャーハンをあたためて混ぜた。

市販の冷凍チャーハンは私たち家族には少ししょっぱくて食べると疲れてしまうので、いつも白いご飯と混ぜていい塩梅にする。

昼前に出なければならずさっさと食べていると、実家の父がやってきた。私が仕事で夜まで家をあけるので居てくれることになっている。

父は着くなり子どもたちに「夜は出前をとろう」といった。えっ! いいな!

なにがいい? と聞く祖父に息子と娘は「ピザがいい!」父は「俺は寿司がいい」そして

「両方とるか」

がびーん!

父よ! そんな自由な発想の持ち主だとは。沸き立つ子どもたち。「そ、そんなことしたら食卓の偏差値めちゃめちゃさがるじゃん! 贅沢すぎるし!」と食い下がったが「食べ切れるだけの量を頼むんだし、変じゃないだろう」という。

父のことをちょっと考えた。

父は新卒で入った中堅ゼネコンに定年まで勤めあげた。退職後は芝刈りの仕事を個人で請け負い、あちこちのお宅の庭で働いては日銭を稼ぐ。そういう人だが、パーソナリティについて思いをはせたことはなかった。

自主性を持って好むのば酒だけだろう。遊びは暇がつぶれればそれでいいので誘われたら全部やる。茶道とかゴルフとか料理とか。誘われなければ目についたものでやりすごす。ナンプレとか。

たぶん思想が一切ない。

そうか! 寿司とピザがいっぺんに頼めるのも思想のなさからのことか。

合点がいき私は仕事へ向かった。

心優しい人たちが集まっての撮影があり、終えて夜はイベント「国語辞典ナイト」に今回も司会で出させてもらう。

今回で12回目、おおむねの回で司会をさせてもらって、完全に「国語辞典を趣味とする」こと、またそういった人たちが大勢いることについて慣れ切ったつもりでいたが、今回ふしぎと改めてこの方たちは本当に国語辞典が好きなんだな! とはっと、もう一度目覚めるみたいな瞬間があった。

それはもう心底好きなのだなと、すばらしいことだ。

終えて、名残惜しくも早々に退散させてもらい帰宅。

子らは寝ており、テレビを観ていた父はすぐに帰って行った。台所はきれいに片付いていたが、確かに、寿司とピザの出前を取ったあとがあった。

------

日記の本のBOOTHでの通販は終了しました。ありがとうございました。
・大阪のシカクさんで店舗販売とウェブ販売していただいてます(これと、これ
・1月25日~3月7日〈日記を書く読む。魅力にせまるブックフェア〉で日記本「雨のついた網戸に消しゴム投げてみ」を扱っていただきます。赤坂の双子のライオン堂さん、蔵前H.A.Bookstoreさんで店頭販売しています(在庫は一応お問い合わせいただけると確実です…!)
・イベントは5月のコミックマーケット98に申込みました!受かるといいな……。

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes