まばたきをする体

息を止めて湯船を叩く

脱衣場と風呂場の照明のスイッチが上下に並んでいて、もう10年以上住んでいる家だがどちらがどちらか覚えていない。脱衣所の電気だけつけたいことがよくあるが、分からないからいつも両方バチンと押してしまう。それで学習がすすまない。

今朝も脱衣所の電気をつけたくて、ためしに下のスイッチだけ押してみた。

風呂場の電気がついた。

息子とふたり朝ごはんを食べ、なかなか起きてこない娘をいい加減起こさねば。

娘をゆさぶりながら「ああ~、かわいいな、かわいいなあ~、犬のあかちゃんはかわいいな~、うまれたばかりだからまだ目が開かないんだなあ~」「1日目……開かないなあ……2日目まだ開かないなあ……」「5日目……そろそろ開くのかなあ……」と声をかけた。

最近テレビで犬の赤ちゃんの目が生後しばらくして開いていく様子を見たのだ。

「6日目……まだ開かないなあ、7日目……まだなんだなー」とやっていると、娘が目をつむったまま「犬の赤ちゃんって何日目で目開くんだっけ?」と言った。

10日目くらいだっけね? 10日目で娘の目は開いた。

それぞれ家を出て持ち場へ散る。私も仕事。

終えて、子どもたちと待ち合わせ耳鼻科へ。病院へ行くのだから待合室ではマスクはしておいた方がいいだろうと途中の薬局でマスクを買って二人に配ったが、病院は私たちだけですいていた。

処方箋をもらって子どもらはそれぞれ塾や習い事へ。私は調剤薬局に行く。長めに薬が出ていつもより量が多い。

薬はこれまで処方されるとタッパーにまとめて入れて食事のごとにそれぞれに配布していたが、この量だとタッパーには入らなさそうだ。帰ってなにかちょうど良い空き箱はないかと探し、見つけたのがヨックモックの缶だった。

ヨックモックの缶……こういうのに実家では筆記用具やなんかを入れてたよなあと思い取っておいたが、薬を入れるなんてまるでドンピシャの使い方ではないか……。薬を入れたらぴったりおさまった。

ヨックモックの缶が二次利用されるまさにその瞬間に立ち会えて感激だ。立ち会ったというか、私がそう使っただけなんだけども、自宅におけるヨックモックの空き缶利用には自然発生的なものを感じる。

子どもたちの帰宅まで時間があり、友人に会いお茶を飲んだ。常に根拠を持って人を励ますのがこの友人のすごいところで、心配すんな全部うまくいくと元気づけてもらい額面通りの元気が出たのだった。毛先を緑に染めるのはどうかともいわれた。

別れて帰宅、子どもたちも帰ってきた。いただきものの冷凍シウマイがありありがたく食べた。

息子が、シウマイってどうやって作るのかな作ってみたいなといい、今度一緒に作ろう。そうだ、息子は春に中学に上がるのだ。少しずつ弁当の作り方を教えよう。自分で昼食を用意するようになると自然と食事作りが覚えられて料理の自信がついて良いんじゃないか。

娘が寝て、息子は風呂へ入っていった。

風呂場から、カンカンカンカン! とそううるさくはないものの連続して異音がするので驚いて「どうしたの!?」と聞くと「息を止める間に何回湯船を叩けるか試してた」とのことだ。

------
日記の本のBOOTHでの通販は終了しました。ありがとうございました。
・大阪のシカクさんで店舗販売とウェブ販売していただいてます(これと、これ
・1月末から赤坂の店舗さんでも売っていただく予定です
・イベントは5月のコミックマーケット98に申込みました!受かるといいな……。

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes