まばたきをする体

巣もまた穴だ

脳にみしみし酸素がいきわたるようなとても頭の気持ちのいい朝があり、クゥ~! と起きることがある。

この日それではっと起きたらまだ夜中で、そんなこともあるのだなと思い寝た。起きてなおみしみし頭が揉まれる感覚がありクゥ~! となったが、どうもいつもと少し様子が違うようで、あ!? これはもしかして頭痛なのではないかと気づいた。

ありがたくも頭痛に悩まされることのない人生を送っており、たまにそういうことがあるとすぐさま「これは頭痛だな」とは分からないのだ。

珍しがって朝をすごし、昼になってもおさまらず、とはいえ騒ぐほどの痛みでもなし、このところアレルギーで咳と鼻水が出るのでその関係だろう。

会社であれこれと仕事。やらねばと思っていたことが終わってほっとした。

帰って、今日で賞味期限が切れるラーメンを食べるのだ。トッピングを作るのにあれこれ買った。

私の家の台所はコンロが2つだ。3つない。麺類を料理すると一つが麺をゆでる大鍋に、もう一つはスープのためにお湯をわかすのでふさがってしまう。

トッピングや副菜は、ではどこで作ったらいいのだろう? 正解は麺をゆでる前に作る、なのは分かっているのだけど私はせっかちなのですぐお湯を沸かし始めてしまうのだった。

あわあわしながら調理してスープのお湯を沸かすなどこれは忙しいな! と思う晩の支度だった。

ついでにいうと、小鍋が一つしかない。みそ汁をやると煮物が作れない。買えばいいんだけど、つい、買わずにあるものでなんとかしてしまう。

子どもらとラーメンを食べていると息子に「何センチからが穴だと思う?」と聞かれた。

難しい質問だ。

たとえば鍵穴だったら10センチでも穴だろうが落とし穴の穴だとしたらそこそこの深さが必要だろう。ただ、アリくらい体が小さければ、3センチでも落とし穴! と感じるかもしれない。

そんなことを話すと、娘が、でもアリの巣は3センチよりももっと深い彼らは落とし穴を落とし穴とは思わないのではないかと言い、息子は巣もまた穴だ巣穴という言葉があるなどと発言した。

食後はそれぞれにすごした。私は本を読んで、子どもらはマンガを読んでいた。

娘は宿題がまだで声をかけてやらす。息子は宿題は終えているようだ。

息子は中学受験ではあるが受験生だ。頻繁に塾には行くものの家ではのんびりしているように見える。勉強をせよと声をかけるべきかと思うが、さて何をさせればいいのか分からない。

実は息子がのんびりしていてちょっとほっとしているところもある。ものすごく懸命に勉強していたら入試で不合格をもらったときにとても不憫だ。適当にやってるんだったら、まああんたマンガ読んでたしね……で納得がいくのではないか。

総じて、根性のない話だ。けれど昨日ふっとそう思って親として素直な心だなと思った。

それからごろごろしてスマホでネットをみていたら、頭痛のときは鎮痛剤を飲むといいと書いてあった。ああそうか、鎮痛剤ってそういうときに飲むんだな。でももうおさまったしそれはそれで良かった。

ブルボン小林「ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論」をまた読んでいる。本棚にあるのでなんとなく手に取ったが再読でもまるで面白くて夢中になった。

寝床で眠くなるまで読もうと横になったらでもすぐ寝た。

------
日記の本のBOOTHでの通販は終了しました。ありがとうございました。
・大阪のシカクさんで店舗販売とウェブ販売していただいてます(これと、これ
・1月末から赤坂の店舗さんでも売っていただく予定です
・イベントは5月のコミックマーケット98に申込みました!受かるといいな……。

------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes