まばたきをする体

慣用句としての「漁業が盛ん」

母がやってきて乾麺をくれてうれしかったが、私の頭を見て毛が薄いねといって帰っていったのでプラマイがゼロだった。

「むかし金髪にしたのがよほどいけなかったんだろうね」と母は笑い、あっ! 嫌味だ! と思った。母は私が20歳のころに頭髪を脱色し金髪にしたのを当時から気に入らずことあるごとに咎めたが、それを薄毛の理由としてとりざたするのは嫌味だ。

最近嫌味について偶然急にあちこちで読んで学んだ。それが身に付き即座に発せられた言葉を嫌味と理解できたことに感動する。かつてだったら「ああ、むかし金髪にしたのがいけなかったのか」とうっかり自省していただろう。

まだまだ修練は必要だろうが、なるほど、これは嫌味だなと分かってとらえるとずいぶん楽なものだ。

ただし髪の毛が薄いのは事実なのでそこで悲しくなった。なぜ悲しい。

見た目のことをあれこれ言うのは良くない。それは他人にはもちろん自分にもだろう。毛の薄さをコンプレックスととらえる私は毛の薄さをよしとしていないわけで、偏見だ。

髪が薄くても私は楽しく生きていると思えればそれでいいんだろうな。

自分がよければまあいいんだけど、続いてこんな私を誰か愛してくれるだろうかと不安になる。薄毛だから愛せないという相手など相手にしなければいいわけだけど、めちゃくちゃ好きになった人が薄毛に否定的な価値観だったらどうしよう。

それはもうやむをえまい、私がその人にとってタイプじゃなかったということだ、ふられるということそのものの意味だとあきらめて帰ってきた娘とカレーを食べた。息子は今日から午後まで学校がある。

午後は仕事を休んでたまった雑務を一斉に片付けた。せっせと作業していると買ってあったスマホ用のガラスフィルムが届きすぐに貼る。

安いやつをなんのこだわりもなく買ったが、本のようなケースに入っていてうやうやしい。本の表紙には「Focus more, Enjoy moer」などと書いてあり、iPhoneでも買ったのかと思うくらいにエモーショナルだ。

f:id:mabatakixxx:20210408123157j:plain

貼る前に表面の汚れを取るためのウェットティッシュとクロスとシールが入っていて、貼り方は動画を見るようにとQRコードがついていた。

そんなに丁寧にやるかな!? あてずっぽうで適当に貼った。

フィルムは2枚セットになっていて、帰ってきた息子にも貼るよう言うと、息子はちゃんと動画を観ていて素直だったが、それでも空気が入っちゃったとあとで嘆いていた。

「おれには才能がない」

気にすんな。

夜は鍋。すっかり春がやってきてもう鍋はできないかと思ったがここ数日また寒さが戻っての実施。

食べながらテレビのニュースで漁業のことが報じられたのを見て、娘がねえねえ、と人々の注目を集めてから(いいですか?)という顔をして、しっかりためて、

「漁業が盛ん」

と言った。

笑う。なんだろう、社会科の教科書で「漁業が」と書かれたら続くのは確かに「盛ん」だ。あるある表現としての慣用句的な「漁業が盛ん」。それが伝わった。

息子は、でも「盛ん」の意味は「盛ん」という言葉でしかあらわせないしやむを得ないじゃないかと「漁業が盛ん」を擁護していた。

食後は子どもたちはテレビを観て笑っていて、私は隣室で本を読んだ。一緒に笑ったほうがいいのかなとちょっと思ったけど、まあそこはいいかと思い直した。

眠くなったので早々に寝る。最近子どもたちよりも早く寝ることがたまにある。こうやって私が育てている感じが徐々に薄まっていくのかな。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

遊んで暮らさず商売を

春休み明け、まずは娘が学校へ行き、そろそろ私も在宅勤務を始めねばと用意しているともう帰ってきた。

今日は校庭で新しいクラスと先生の発表のあと始業式をしたらもう帰宅というスケジュールなんだそうだ。

私はまだこれから始業だし、時差通学の息子も家にいて、娘がひとしごと終えて帰ってきたのにまだ私にも息子にも朝がはじまっていないのが新鮮。

息子が出かけていき私も仕事をはじめて、すると今度は息子がものの数時間でもう帰ってきた。

二人からクラスと先生の一覧表をもらう。娘は小5に、息子は中2になった。

年齢からくる多感そうさがすごい。小5といえばのび太だ。そして中2といえばエヴァンゲリオンに乗るひとの年齢と聞く。世界の主人公たちがこの家にぱんぱんになっている。

実際多感かどうかは、そりゃあ多感なんだろうけども私の知りえるところではなく、これだけいわゆる多感な年齢の人がそばにいてなお自分にとって多感なのはいつも自分だなあと実感する。うれしいことも悲しいこともある。

昼前に山で暮らす子らの父からダンボールいっぱいの仕送りが届いた。野菜、常温のパック総菜、菓子、お茶、乾麺、レトルト食品などなど。ここのところレターパックにあれこれ詰めて送ってくれてとても助かっていたので、思いついて、お金を払うので定期的に段ボールに食料を適当に詰めて送ってくれないかと頼んだのだった。

父は買い物が得意で安くてよいものを上手に探す。いっぽう私は買い物でよくしくじる。

生協やネットスーパーもうまくローテーションさせられず、すぐに食べ物を切らして結局毎日買い物にでかけてはメニューに頭を悩ませ続けている。ダンボールには良さそうなものがたくさん入っていて気持ちが豊かになった。こうしてなんでもあるものを食べるかっこうで炊事ができるのは本当に助かる。

昼はそのダンボールからおのおの食べたいものを抜いて調理して食べた。

午後は娘が塾へ行くので月謝を渡すが当然のように机の上に出しっぱなしにしている。OK、わかってるぞ。私は立ち上がった。そして月謝を、娘に手渡し、カバンに入れるまで見届けた。

これまでだったら「忘れているよ」となんどか声をかけるだけだった。しかし声をかけるだけでは100%忘れることを私は学んだ。カバンに確実に入れる、そこまで見るのが月謝を持たせるコツだ。

娘は月謝袋を持って出かけた。よし! よーし! 手ごたえ。

夜は仕送りの野菜を使いつつ適当にごはんにして、ニュースを見ながら食べた。詐欺の事件が報道されている。個人で5億円規模だそうだ。

こんな大金手にしたところでどうするんだろうとつい言うと、息子が、5億あったら土地を買って店を出すといった。

えっ。

商売をやるのか。驚いた。5億あったら遊んで暮らせるだろうに、商売を。

店よりも不動産を買って大家になるほうがいいかなともいうが、不労所得でも所得を得ようという発想に関心した。私はすぐ、なんとか預貯金で暮らそうと思案する。

夜は娘と二人それぞれにぬいぐるみを持ちボクシングで戦わせた。私たちのすきな遊び。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

衝動的なもので意図がない、芸術性もなくまったくの無意味

安いソーセージを買ったら朝ご飯が絵になった。

見てよ、絵。おお、絵だ。絵だ絵だと盛り上がって息子と食べた。娘は春休みの最終日で寝ている。

f:id:mabatakixxx:20210406125054j:plain

息子が部活へ行き私は在宅勤務。はっとして昼前に娘を起こした。

娘が朝ご飯を終え少し経つ頃昼になり息子が帰ってきたので昼ご飯のスパゲティをゆでた。娘はさすがに満量は無理だそうで、でも少し食べた。この家の朝昼晩のごはんは定期であり、どこかで乗り遅れた者は満腹にかかわらずペースに合わせる形で飛び乗ってもらうしかない。

注文していた日用品や本が大きめのダンボールで届き、中をあらためていると空いたダンボールを担いで息子が躍りだしたので娘と見守る。

家というのは自由な場所で、何をしてもおおむね恥ずかしくないので人が突飛なことをしがちになる。息子のダンボール踊りは衝動的なもので意図がない。動きはありきたりで芸術面でも評価はむつかしい。全くの無意味といっていいいと思う。こういうのは家でしかなかなか見られない表現で本当にありがたい。笑った。

娘がアニメの「のんのんびよりのんすとっぷ」を見はじめたので、日常系アニメ大好きという設定にしてあるぬいぐるみを歩いていかせて娘に抱っこさせた。これも家の自由さ。

娘は観ながら、腹をすかせて冷凍にしてある食パンをレンジでやわらかくしてはちみつをかけて食べながら観ていた。

寒い。昨日まであんなに暖かくて半袖でいたのに。娘は夕方塾があるが一度でかけて寒さに帰ってきた。冬の厚手のパーカーを着てまた出かけていった。

いっぽう息子は室内で半袖でいて、確かに部屋はそんなに寒くない。昨日の暖かさが部屋にはまだ残っているような感じがある。

仕事を終えて買い物に行って、バウムクーヘンとバナナとヨーグルトを買ってきた。子どもたちは常になにか食べるものを探していて、プレッシャーに負けた。

夜はさばのみりん干しを焼いて、食べながらみんなで今日もニュースを見る。昨日水泳の池江璃花子選手のことをやっていて、街頭インタビューで、熱心に応援している人たちが3人もコメントしていて、何人に声をかけたら撮れるんだろうと感心した。

今日も橋田壽賀子さんの訃報を受けて話すまちの人たちが老若男女みな自分事のように語るものだから、社会情勢ではない、ある固有の誰かの話題でこんなに熱いリアクションを引き出すのは相当むつかしいはずなのにすごいことだ話しあった(やらせは無いものとして)。

それからパンとごはんと麺、一生どれか食べられないとしたらどれ? という話でもりあがった。私は絶対にごはんは一生食べたい。

食後、買ったバウムクーヘンは「1日ひとり1個までとする」と定める。すると娘が「おにいちゃん今日から食べる? 明日から?」と、スタート日がずれると不公平が生じるというので、「1日ひとり1個までかつ(全部で9個あるので)ひとり3個」と決めなおした。

早々に眠くなってしまったので子どもたちよりも先に寝ることにする。居間の電気を消し忘れないようにと伝え横になり、心配なので起きだしてもう一度、居間の電気を消し忘れないようにと言った。横になりながら「お願いね」とでかめの声で言った。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

負けても死なないし後がある

娘を寝かせておいて息子とふたりで朝ご飯を食べた。

娘は遅寝が好きで、日曜は朝たっぷり寝るのを楽しみにしている。

ただねぼすけなだけかなと思っていたのだけど、先日、朝寝が好きで楽しみにしているんだというのを聞いて積極的なものと分かると見方が変わった。

掃除と片づけをしていると十分寝たらしい娘は起きてきた。いっぱい寝られてよかったですな。

娘の通う作文教室の先生からメールが来て、子どもたちに伝えたいので中学時代の部活動でなにをして何を学んだかと、アドバイスを教えてほしいと父母向けのアンケートが届く。

私は中学の部活といえば今思い出しても叫びながら転がりたいくらいみじめで嫌な思いをしたのでどう答えたらいいかむつかしい。

暗い話なので子どもたちに聞かせるには向きではないかもしれませんと前置いたうえで、演劇部で人として軽んじられることのつらさを学んだと答えた。アドバイスは、そういった目にあったら自分に自信を持って軽んじる相手に対応することが大事だということ。

送ってから、やはりあまりにもネガティブな内容だったろうかと心配しているとすぐに返信があり、演劇部だとは驚きです、ぜひ今度子どもたちに発声練習を教えてやってくださいとのことで、先生は明るい人なのだった。

娘がぼろぼろのTシャツを着て登場した。出かけるのだからもう少し着古していないものを着てよと頼んだ。私もおろしたての春もののワンピースを着た。

電車に乗って映画館に行く。

子らが春休みだというのにどこへも行かれず、もう来週には学校がはじまる。せめてどこかへと思っていたら娘と私の大好きなアニメ「ガールズアンドパンツァー」の最終章第3話の劇場公開が始まった。

行くしかない。

二人手をとりいそいそ出かけた。楽しみだね、楽しみだねえ。

迷ったが昼も外で食べることにした。感染対策として事前に広くてすいているハンバーガー屋を探しておいて、もくろみどおり席間が広く人もまばらでほっとした。

私がコーラを頼もうとすると「ガルパン観ながらコーラ飲まなくていいの!?」と娘に指摘され、おお、そうだな、そうだよな。

娘は私よりもよく映画館に行っているのでそのあたりのエンジョイ力が高い。昼は二人ともウーロン茶を飲んだ。

映画、観る前から私はうれしかった。ドラマティックなものが苦手なのと、あとそもそも上映時間の長い映画にプレッシャーを感じるほうで、そこへくるとアニメのテーマは事前にわかっているし、上映時間も48分とあってなんの気負いもなく観られる、こんな体験があるのかという。楽しみな気持ちしかない。

そのうえで内容が想像を完全に上回ってきたからびっくりした。アクションの量と圧よ。ドガーンつってギギギギギーてなってバッギャーンってって最後ヅーン! みたいな、状況説明が言葉でなく擬音語でしか出ない。こんな高濃度のエンタメ。そのうえコーラもある。

私は悲壮感がないバトルが好きなんだなと思った。ガルパンもそうだし「ワールド・トリガー」の実戦以外のバトル部分(団体の中で強さを競うバトルみたいなのがある)とか、猛者たちが負けても死なない戦い、負けても後がある戦いをするのをずっとていたい。

ガルパンについては娘と常々、兵器としての戦車とどう折り合いをつけるかねみたいな話をしていたけど、観ると楽しくて、第4話どうなっちゃうんだろうねと興奮そのまま帰宅した。

f:id:mabatakixxx:20210405140502j:plain

たぎる気持ちで夜はたこ焼きに。

たこ焼き機を買って4度目、徐々に祝祭性がなくなり、週末のごはんのひとつになってきた。祭りでなくてもおいしいし楽しいから好きだ。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

おはぎがうまい、シウマイもうまい、人生が変わるかもしれない

骨折の息子はぞうきんを縫わねばならない。

サッカー部の練習中に変な手のつきかたをして手首の骨を折りここしばらくギブスで固定した腕を三角巾で吊っている。

昨日の診察でもしかしたらギブスが半分になるかもしれないという話で期待していたが来週までこのままにしましょうという診断だった。

春休みの家庭科の宿題の雑巾づくり、ギブスが半分になったらやろうと話していたが来週を待っていると提出に間に合わない。この週末に作ってしまわねば。

観念して縫いだし、ギリギリなんとか進めていた。まち針が打てないというのでそこは手伝うと、不器用に仕上げていて、骨折の言い訳があってむしろよかったかもしれないねと話し合った。

私はかたわらで最近会社で教えてもらったネットスーパーを試していた。あれこれ注文して、するともう今日の午後には届くそうで、いつも頼んでいるところだと当日の配送は空いていないことが多くこれは良いかもしれないな……。

それになんといってもこのスーパーには総菜コーナーにおはぎがある。スーパーはおはぎがあってこそというのが私の願いだが、これまで使っていたネットスーパーにはなかった。

これはと奮いたち、おはぎ2個入りを2パック入力したが、おちつけおちつけとあとで1パックに減らした。

午前中塾へ行った娘が帰ってきて昼はそれぞれ適当に冷蔵庫から何かを食べる。

するともうネットスーパーがやってきた。「便利か!」「便利かよ!」家族で沸き立った。

ひとつ心配なこととして、これまで使っていたネットスーパーは配達員の方が本当に本当に毎回みなさんほがらかで感じが良く、感極まって問い合わせコーナーに感謝のメールを出したくらいだったので、新しいところがぶっきらぼうな人だったら嫌だなと、ちょっと思っていた。

やってきた新しいネットスーパーの配達員さんは、しかしめちゃくちゃ笑顔でにこにこした人だった……。

うちはちょっと分かりづらい住所なので住所欄内に目印も記入しているのだけど、そこにふれて「助かりました、ありがとうございます」などと声をかけてくれたりする。

あからさまに私が喜ぶので子どもたちも良かったねと言っていた。おはぎは息子がすぐひとつ「うめえうめえ」と食べていて、きみもよかったね。

それから鳥の話をした。きのう息子を整形外科に連れて行き、息子を先に帰して会計をすませ帰る途中の道で鳥の鳴き声がうるさかったのだ。見上げると電線にびっしり、スズメより少し大きいくらいの鳥がとまっていた。

息子もはやり気づいたそうだ。道行く人も「すげえ」と言っていたという。

f:id:mabatakixxx:20210404122106j:plain

自分だけでは自信がなかったが、行き際にはいなかったと息子は言って、やはりそうか。決まった時間に集まるんだろうか。

午後、注文していたスチームアイロンが届いた。これまで自分には無関係なタイプの商品だと思っていたが、ここしばらく何度か出かける直前にしわに気づいて着るのをあきらめることが続き、友人がすすめていたのを思い出して思い切って買った。

なるほど簡単に服のしわが伸びて面倒が少ない。

しかしこの手のガジェットはここからだ。ここから、しまいっぱなしになるか、ちゃんと使うか、半年くらいで見えてくる。ガジェットと私の相性が試される。この手のものは買うとプレッシャーがかかる。

夜はネットスーパーで届いた総菜のシウマイをふかした。

う! うまい……。

出来合いのシウマイは科学っぽい味がするものが多く、おいしいから良いのだけどその手のはわりとすぐ飽きてしまう。ここのは肉と野菜の味がして科学っぽくない。飽きなさそう。

このスーパー、もしや全体的に総菜がおいしいとすれば料理があまり好きでない私にとっては福音だ。おはぎがうまい、シウマイもうまい、人生が変わるかもしれない。配達員さんも優しい。

夜は娘とアニメの「のんのんびより のんすとっぷ」を観ていつくしんだ。

鳥を見に行きそびれた。今日も来てたろうか。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

詐欺じゃないただの良い店

朝いちばんで電球が届いた。

台所の照明はちいさな豆電球を6つとりつけられるタイプで、6つあるのでひとつ切れても大して影響がなくそのまんまになりがちで、でも3つ切れて残存が3まで減ると夜部屋が暗い。

このあいだ台所で本を読んでいて、なんとなく居間に移動したところ本が発光しているかのように明るくて、それで台所の暗さに気づいた。

それで昨日ネットで注文したのが早々に届いたのだった。

とりあえず置いておき在宅勤務する。子らは塾やら部活やらにでかけていったが昼前には帰ってきたのであわてて米を炊いて適当にすました。春休みで人がいるので米の減りが早い。

食べてからさっき届いた電球をつけて、試しに点灯するが日の光のほうが明るく効果がよくわからなかった。

f:id:mabatakixxx:20210403142754j:plain

午後も在宅で仕事をして、終えて夕方予約していた頭のマッサージに出かける。近所に新しくできたお店がありいっぺん試してみたいなと思っていたが、昨日ネットで情報を見ていたところ、ほぐしてほしさが頂点に達し予約した。

マッサージにも業態がいろいろあるが、ここは美容院の併設で、いわゆるヘッドスパみたいなのを得意にしているらしい。

めちゃくちゃに気持ちよかった。終わるとそのまま美容院スペースの鏡の前で髪を丁寧に乾かしてくれる。

私は髪を洗うのも乾かすのも苦手なので、頭をもんでくれる上に洗ってくれるなんてこれぞ願ったり叶ったり。

しかもなんと、髪を乾かしながらお茶を飲ませてくれるという。紅茶やら水やらジュースやらから選べるらしい。豪勢な! 開店記念で施術料はずいぶん安くなっていたが、この感じは通常だともっとずっと高いんだろうか。

コーヒーを頼むと、最初からとても感じ良く接客してくれた店員さんがにこにこしながら「コーヒーは21種類ございます」という。

21種類!?

そんなある!?

そうして宝箱みたいなのに入ったカプセルと一覧の表を見せてくれた。カプセル式コーヒーメーカーというのがあるなあるなとは思っていたが、それがこれか。

お店の方のおすすめのフレーバーコーヒーというのをお願いした。しばらく雑談しながら髪を乾かしてもらっていると、コーヒーがやってきて、なんとお茶うけにヨックモックのシガールがついている。

詐欺の店か!?

わたしはかつて友人に生命保険の契約を解約させたことがある。

当時友人は20代のデザイナーだったが、なんと月々4万円の生命保険を掛け捨てにしていた。保険の考え方は人それぞれだろうが4万掛け捨てはどうかと私は思った。

友人の契約内容になぜ私が気づいたかというと、その友人が、保険の営業さんからお中元とお歳暮が届くと言ったのだ。ちょっと普通そんなのない。それで、友人が多くはない給料から高額の契約をしている上客と分かった。

ヨックモックを見てそれを思い出した。せっかく上等のサービスをしてくれているのにあやしんでしまうさもしさよ。

コーヒーはおいしかった。ヨックモックはどのタイミングで食べたら……とそわそわしているうちに髪がすっかりきれいに乾いてさらさらになった。店員さんは私の髪を良い髪だとしきりに褒めてくれた。

手が付けられなかったヨックモック、帰りに「これ持って帰っていいですか笑」って言おう! と思ったけどかっこつけて言い出せないまま、ヨックモックを置いて出た。価格はちゃんと予約のとおり安かったし、なんの勧誘もされなかった。詐欺じゃない、ただの良い店だ。

2回目以降は開店記念の価格よりすこし高くなるそうだけど、それでも安いと思えた。店員さんはビルの階段を下りきるところまで見送ってくれた。また来よう。今度はヨックモック食べるぞ。

帰ってそのまま玄関に上がらず息子に声をかけて骨折の経過観察で整形外科に行く。

途中の電線にびっしり鳥が止まって鳴き声がした。スズメくらいの大きさで、でもスズメではない。なんだろう。近くの家の人がベランダに出て写真を撮っていた。近隣の人にとっても珍しいことらしい。

息子の骨は順調にくっついてきているとのこと。まだ少しギブス生活は続く。

夜になり台所が明るいのが分かった。今日は麻婆豆腐にして、おいしかった。息子と私の分はかなり辛めにしてずっと辛がった。

風呂上がりに娘と「ガールズアンドパンツァー 最終章 第2話」を観た。第3話がいま劇場でやっているので春休みのあいだに観に行こうと話をしていてその復習のため。娘がテレビシリーズから最終章からあれこれしっかり覚えている。私はみんな忘れてしまっていた。

明日は休みだからまた整形外科のほうまでいって鳥を見に行こうと思う。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。

勝手に人を切ながる

朝の支度を終えて仕事をはじめてしばらく、あっ! となった。もう9時27分じゃん!

娘が起きないのであきらめて仕事をはじめたところ集中して娘の起床のことをすっかり忘れていた。

9時半から塾がある。

大急ぎで起こすと娘もわっとなって転がるように起きてきた。水を飲んでハムを食べて顔を洗って口をゆすいで、そうしている間の娘をおいかけながら私は髪を結って、結いあがるとそのままかばんをつかんで出て行った。

娘はこういうときのために寝巻ではなく服を着て寝ている。

あっ! ちょっと塾が! あー! あー! わー! なんでー! あと2分~! ちょっと~! も~!

娘と私の叫びで一瞬大盛り上がりした家は静かになって、仕事に戻る。

しばらくして作文教室のおじいさん先生が会報を持って訪ねてきた。娘さんが興味を持っているようですのでと、テレワークに関する新聞の切り抜きもいただき恐縮する。娘、ちゃんと本当に興味を持っているだろうか。

大慌てで出かけた娘は昼前に何事もなかったようにゆっくり帰ってきた。人が出たときと帰ってくるときのテンションが違うとき、人と暮らすことのおもしろさを感じる。

でかけていた息子も帰宅して、簡単に昼ご飯。それから私は午後は会社へ。事業の会社間の移管についていく格好で会社を移って、今日から新たな会社に入る。

辞令を受け取ったり社員証の写真を撮ってもらったり、フィクションの世界のサラリーマンみたいなことをしてうれしくてしびれた。

それから同僚のみんなで執務室のオフィスグリコをめずらしくながめ、「おい! 冷凍庫にアイスがある!」「こっちに自販機があったぞ! 街で買うよりすこし安い」など珍しがった。「駅ビルでうまい肉が売っていますよ」とも聞いた。事務所は楽しいですねと言い合って帰った。

すっかり気持ちが明るくなった。

帰ると娘はいたが息子がいない。しばらくして帰ってきて、公園で小学校時代の友人らが遊んでいるのを見ていたんだそうだ。……見ていた!? どういうことかと聞くと、骨折して自分は遊べないので、おしゃべりだけ参加していたとのこと。

小学校時代の友人らが遊んでいるのを遠くから見ていたのかと、こうして私はいつも勝手に人のことを切ながる。

夜はあるものを食べてしのぎ、それからファッション雑誌を読んでネットで服を買った。昼間すっかり気持ちが明るくなって、そこから急激にきれいな服を着たいものよという気になった。

性根の部分におしゃれでいようというベースの気概がないため、気を抜くとすぐどうでもいい服をずっと着て、むしろたいしたことない服で間に合わせていることに充実して満足してしまう。なんらかの刺激があってはじめて良い服を着んとする気持ちが起きる。

毎年それほど感じないんだけど、今年は春が来てうれしいなあと、暖かさによってわけもなく前向きな気持ちになっており、動物の感じだ。

なぜかと考えて、自宅にずっといるからじゃないかと思った。自宅は冬は寒く夏は暑い。気候が変動する。会社の執務室に通うとそれがなくて、いつもとても快適だ。今年はずっと家にいるので、それで「春がきた~~! パァァァァ」という気持ちの開きが例年よりも強いんじゃないか。

階下で息子が「ファ!」と言っている。

どうした、なんで「ファ!」なのと聞くと、風呂から上がったことを妹に伝えるためだそうだ。「ファ!」で通じるのかなと思ったが、娘は風呂に入っていった。通じている。

春のうれしさで居間の照明の切れた電球も買った。

-----

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes
Podcast「生活の素直な感想」 

この日記を本にして売っておりまして、販売所はこちらでーす。

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さん、天王寺のスタンダードブックストアさんでも取り扱っていただいております~(在庫状況はお店さんへお問い合わせいただけるとうれしいです)。