まばたきをする体

はからずも偶然手に入れた経験

起きると山をおりてやってきた子らの父がいた。

父は普段は山に暮らしているがたまに人里に現れる。山を降りる時間は夜ときまっており、夜通し街をめざして走り朝にすがたをあらわす。

息子はもちろん、普段は朝の遅い娘も早起きしてみんなで大歓迎した。ジャガイモ、さつまいも、冬瓜、変わった形のため流通に乗らない野良カボチャとよもぎ餅も持ってきてくれた。

息子は父が街にいるあいだに一緒に「テネット」を観ることにしているらしくその打ち合わせを、娘も「鬼滅の刃」の映画に一緒に行こうと誘っている。

「『鬼滅の刃』といえば、イヌだな」と父は言う。犬。

「犬は出てこなくない?」「主題歌を歌っている人がイヌというだろう」「LiSA……?」「あ、リサか、2文字だから間違えた」

それから、秋の特別焙煎のお茶と、娘に小さな包みを渡していて、娘が開けるとすみっコぐらしのキーホルダーとボールペンだった。

父よ、娘はもはやファンシーグッズには興味をなくしこの家ですみっコぐらしが好きなのはもう私だけなのだ。ボールペンは私がもらった。

子どもたちは学校へ出かけて行き、父は私の両親の家に冬瓜を届けにいった。冬瓜がとれてとれて仕方ないらしい。

私は仕事。午後から買い出しに出て、そのまま終業して近くの銭湯へ行くことにした。

私はとくべつお風呂ファンというわけではないのだけど、以前取材で電気風呂の入り方の指南を受けたのを思い出し、またちょっと行ってみるかと思った。

もともと自分にはそれほど興味がなかった、というか、存在について見て知ってはいたけれど良く分からないから疎遠だったものについて、誰かがすすめてくれて教えてくれて受動的にはからずも偶然手に入れる経験というのがあって、宝だなあ~と思う。

電気風呂、気持ちよかった。

それから風呂上がりに15分200円のマッサージチェアにかかって、マッサージチェアに関しては自分が好きで自らで開拓した行為なので、そういう能動と受動の経験が重なって自由時間が組み上げられていくな。

銭湯の2階の宴会場ががらがらなのに気づいてはっとして生ビールを飲んだ。

さっき脱衣所で着替えている際に長年の常連らしき、やせて元気の良いおばあさんの頭にうっかり肘をぶつけてしまった。ごく軽く、こつんと当たっただけではあったが、これはその道の方と同じくらい怖いパターンたぞと瞬時に恐怖して最敬礼と大きな声で謝ったところ、頭をなでながら「……大丈夫だよ、ロッカーの扉の角じゃなくてよかったよ」とぎりぎりゆるしてくれた。

あらゆる世界に先輩はいるが、銭湯の先輩は一番うやまわなければならない先輩な気がする。

帰って、ネットフリックスで映画の「パプリカ」をはじめて観た。よく今までこれを観ずに生きてこられたな私は……。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

心を揺さぶらない映画を見きわめる

パンにピーナツバターとあんこをぬって食べた。

子どもの頃、マンションの下の階に同い年の友達が住んでいてたまに泊まりに行かせてもらった。朝はヤマザキの6枚切りの食パンを軽く焼いて、半分にいちごジャムを、もう半分にピーナツバターをぬったものだった。

その頃私のうちは母が自然食品にはまって毎日全粒粉のパンを食べていて、これはナイフで切っても断面がぼろぼろする。食感もふわふわではなくごりごりしたもので、サワーパンのような酸味があった。いまだったら喜んで食べるが子どもの私はこれが好きではなくて、下の家のパンはおいしいけどうちのはおいしくないと思っていた。

日々食べる家のパンを「普通」だと思えず、なんだかこれはちょっと違うなと感じていたのをよく覚えている。

息子はあんこがこれでもう最後だとぬぐった。見るとまだ残っていて私はさらにぬぐい切った。「きみは貴族か」と息子をちゃかした。

娘は去年くらいから熱心に息子のお下がりを着ている。今日も去年まで兄が着ていたパーカーを着て学校へ行くので、私は心底うれしい。買った服が……有効活用されている……! 快感すらある。

子どもたちが出かけていき、私は午前中に予約してあった病院へ行って子宮頸がんの検査を受けた。何度もひっかかり続け、手術も見越して大きな病院に転院になってからの検査1回目……。ここで大逆転の異常なしをもぎとりたい!

もぎとりたい! という気持ちは奮い立つが検査時になにか努力できるようなこともなく淡々と受診し検査もしてもらった。先生は優しいし、看護師さんがみんな気さくで頼もしい感じの病院で良い。きまった白衣がないらしく、みんないろんな白衣とか手術着を着て仕事しているのもすごく良い。

お産もやっている病院で、いま退院するところなのか健診に来たのか小さな赤ちゃんを何人も見かけてありがたかった。赤ちゃんは輝いている。竹取物語で竹からかぐや姫が登場するときにパーっと光るような描き方をするけど、竹から生まれなくても赤ちゃんは発光している。

甘い物でも食べようかのうと翁の気持ちでコンビニによるがピンとこず、帰ってレトルトカレーを食べて元気が湧きいずり、午後は仕事。

終えて鶏肉が中途半端に余っているので炊き込みご飯を、出汁メーカーのサイトにそって忠実に作った。これはだいぶ具の多いレシピだなと思ったけど、炊けたところを見たらちょうど良く、これが忠実に作るということか! と思わされる。3合分作ってみんなでわしわし食べた。

夜はネットフリックスでミステリー映画の「ナイブズ・アウト」を観る。

心をゆさぶるドラマが苦手なことから、どうでもいい感じの映画が大好きで、そういう映画を見極める能力が私は結構高い。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

ガムテープも紙テープも養生テープも全部ある

朝の苦手な娘は数回起こすも起き上がる気配がない。

もう放っておこう! と思うが、いや、それで学校を遅刻してしまっては気の毒だし、もし娘が落ちこんだらはげますのは私だしな……でもこうしていつまでもしつこく起こさねばならないようだと困る……。

うんうんうなりながら顔を洗って歯をみがいていると知らぬ間に娘は起きてご飯を食べていた。ラッキー! という気持ちに。

息子は寝癖を帽子で押さえつけていたのを出際に解き放ったが寝癖は寝癖のままなおっておらずそのまま出かけて行った。

娘もでかけて、今日は私も朝から会社へ。

あれこれと紙の作業をする日で、事務所には文房具が豊富にあってこれが職場か! と目が覚めた。カッターもはさみも良く切れて、のりは残量が潤沢だ。ガムテープも紙テープも養生テープも全部あるし、クリップもクリアファイルも付箋もさまざまな種類がある。

普段はほとんどパソコン仕事で文具はあまり使わないが、それでもたまに必要になることがあり、すると自宅の文具ストックの貧弱さに驚く。ふせんはボトルガムの捨て紙だし、ボールペンは全部何かのノベルティだし。

その点会社は本当にすごい。大げさではなく文具の油田だ。複合機もあるし。文具は作業環境の豊かさの象徴ではないか。

午後は文具の手薄な自宅に戻り引き続きリモート会議など仕事を続けて終わると暗い夜だった。

日が短くなった。娘が帰って来て「お母さん、買い物行った? まだなら明日のおやつ買ってきてほしいんだけど」という。「いや、今日は肉も野菜もあるから買い物はいかなくて大丈夫そうだよ」

そうか、娘は明日の作文教室に持って行く用のおやつが欲しいのだなと気づいて「一緒に買いに行こうか」というが「いいや」とのことだった。

さては暗くて寒いので外に出たくないな? 私が買い物に行くならついでに買ってきて欲しいけど、自分が出かけるのはいやなのだな?

洗濯物が出しっぱなしで取り込んだ。寒い。布地が全部冷えている。

鶏肉を煮てネギとわかめの味噌汁を作って晩ご飯。娘から、煮た肉はご飯の上に乗せてほしいというリクエストを受け鶏丼になった。娘と私はどんぶりものが大好きだ。息子はどちらかというと定食派で、こういう好みはどこからくるんだろう。

食後、息子は最近学校の友達に借りてスヌーピー「ピーナッツ」のマンガ本を読んでいる。英語と日本語が書いてあるもので、英語科の宿題でもあるらしい。

スヌーピーはかわいいなあ」と身に染みて感じているようで、覗き見ると不味いものを食べてスヌーピーの口がくしゃくしゃになっているコマだった。

一方で娘はAmazonプライムでアニメを観ていて、途中から覗き見たところあまりにも精神的に残酷で救いのないシーンが続く(孤児のキャラクターが個性を殺すよう組織に体罰でしつけられ、たまらず逃げた先で良くしてくれた家族が組織に皆殺しにされる的な)ので「大丈夫なのこれ、大丈夫なの」というとうるさがられた。記号としての救いのなさは記号としてだけ受け取ってほしい。

それから急にアメリカの大統領選挙が近づいていることにドキドキした。結果がどうなるかはもちろん気がかりだし、選挙当日は会社を休んでFXしなくていいだろうか。

気を落ち着けるために炭酸水をカッと飲んで明日の朝起きて食べるパンにピーナツバターをぬるのを楽しみに寝た。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

1.5時間が短くなった

絶望だ。

でかけていった息子が帰ってくる音がして、まさかと思ったがやはりそうだった。「ゴミ収集車、もういっちゃったって」

がっかりした様子もなく息子はゴミ袋から手をはなし、するとゴミ袋は足元にどさっと落ちた。息子は出かけていった。

状況としてはゴミを次の回収日まで置いておかねばならないのが残念なのだが、心情的にはゴミが出せなかったことを息子が悲しんでいないのが絶望だ。

ごみを出してきてと頭を下げてお願いすると、やれやれみたいな感じでうけおって、すると収集車はもう通ったあとで「残念だったね」と持ち帰る、そんなん同居の大人同士だったら絶交ぞ。きみがかんだ鼻紙も入っているのだ。

主体性を持ちともに暮らしてほしい。家の仕事はみんなの仕事ということをそろそろ厳しく教えねばならない。

気持ちが猛々しくなって赤ん坊くらいある大きさのぬいぐるみを強く抱きしめて仕事をはじめた。

フガフガしたまま昼はレトルトのインドのひよこ豆カレーを開けた。今日は晩も昨日作った日本カレーの2日目が開催される予定だが、かまわん! と食べたらおいしくて、自分の選択は間違えではなかったと心が頼もしい。

午後もやーやー仕事に取り組み終えて、学校から帰ってきた娘をバレエの稽古に送る。お団子頭を作るのによそ見をしながらやったら大幅に左側に寄ってしまってやり直した。

稽古の間、家に戻らず喫茶店でアイスコーヒーを飲んだ。ちょっと気になっていることがある。

娘のバレエの稽古は1.5時間がひと枠だ。毎回私が送り迎えをするわけではないけど「1.5時間暇をつぶす」のをもう長く定期的にやっている。

それで気づいたがここ数回この「1.5時間暇をつぶす」が、楽になってきてはいないか。

以前はもっと長く感じられて、1.5時間なかなか過ぎないなという感想を持っていたが、最近は「あ、もう時間だ」と思う。

大人になるごとに1年は短く感じられるが、1.5時間もそうなのか。アイスコーヒーを飲んだらあっという間に1.5時間が過ぎた。やっぱり!

「やっぱり!」という結果が出たとはいえ、調査が雑なのでその信用度へ若干の疑問を持ちながらも、恐ろしい気持ちになったまま娘を迎えて、カルディでビールみたいな新ジャンルといわれるやつ「ユーロホップ」の6本セットと、娘が「みみずグミ」を欲しがったのでついでに買った。

帰って二日目のカレーを食べた。冷凍うどんが2玉あったので子どもたちはカレーうどん。私は普通にご飯にかけた。

食後みんなで「みみずグミ」を味わった。

f:id:mabatakixxx:20201027132319j:plain

おいしくてかわいい。このままだと一袋食べてしまうなと思い「そろそろやめようか」と声をかけたが遅く、「もうあと1個しかないよ」というので少ししか食べていない私がもらった。

ユーロホップを飲んで寝た。これずっとカルディで売ってるな。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

やることは特にないのです

6時に炊飯器による炊飯完了音で目が覚めた。

むくとおき、炊けためしに塩をふりにぎる。大きめの塩結びを続々と作った。今日は息子が部活の試合で私と娘は作文教室の遠足で森に行く。

全員に弁当が必要なのでご飯は3合炊いた。メニューは塩にぎりと塩ゆで卵と塩にんじんと枝豆(塩味)、あとソーセージ。

おおむねが塩の味で塩弁当だった。

息子がでかけ、次いで娘と私も勇んででかける。駅で教室の子どもたちやその親と合流し、電車を乗り継いで作文教室のおじいさん先生に指定された森へ向かった。

1時間ほど電車に乗って着いた森は広く芝生の公園として整備され小川も流れている。

おじいさん先生がコピー用紙の段ボール箱をたずさえいた。子どもたちがかけよりダンボール箱を開けると中にはバスケットボールがふたつ入っていた。

「空気が抜けていてぜんぜんはずまない」と子どもたちにいわれ「あれ、それはすまなかったね」と先生。

教室のOGの親子も来て、みんなであいさつをしてから記念撮影をした。

先生は「やることは特にないのです」という。

なので、みんなそれぞれ好きに遊んだ。小川でメダカを観察したり、木に登ったり、はずまないバスケットボールを投げたり、持ち寄ったレジャーシートを組み合わせてくっつけて敷いて座っておしゃべりしたり。

娘は縄跳びを持ってきていて、友達と二重飛びが何回できるか競っていた。

お兄ちゃん、お姉ちゃんについて小さな子も数人来ていて、小枝を拾っていた。たくさん集めて立体的にハの字に組んで「たき火」だそうだ。

ジュースが飲みたいなと思って、公園の入り口にあった自動販売機をちらと見たが、みんな水筒を持って来ていて、私と娘も麦茶の入った水筒があったので自粛した。

たくさん子どもがいるときには、たとえ大人でも、というか、大人だからこそ勝手にジュースを飲んではいけない。子どもがうらやましがってそれぞれの親にねだるから。

小川はゆるく谷を流れており、谷から丘のように芝生が広がっている。暇なので丘の線のなだらかさを見た。

10秒くらいで見終わってしまって、それから四つ葉のクローバーを探しはじめたら何人か子どもたちが集まってきて一緒に探した。誰も見つからなかったけど、ぎざぎざして小さな、クローバーではない葉がみつかり可愛らしいので「ぎざ葉」と呼んで珍重した。

あと、オオバコの葉の筋をツーっと引っ張っるやつもやった。

昼ご飯を食べて、午後もそのまま森にいた。私は少し一団からはなれて散歩してから、切り株に立った。

 

f:id:mabatakixxx:20201026133557j:plain

口に含むとぱちぱちする飴の小袋を配っている子がいて、ありがたく私もいただきパチパチさせた。先生は食べ方が分からず「袋の口を切って、粉薬を飲むようにさっと口に含むんです」とみんなに教えてもらっていたがうまく食べられないようだった。

木の棒をバトンにリレーをした。

終了時間として予定されていた14時になったので先生がクッキーを配ってくれて、解散した。

帰りの電車で小さな子が寝た。

最寄り駅に降り立ってみんなと別れて、娘とアイスを買って帰ると息子も帰ってきていてみんなで食べた。

帰ってもまだ日曜日の時間が残っていた。ゆっくりコールスローとカレーを作った。「わたし金曜日の給食、カレーだった!」と娘が言うが、もう今日は日曜日なんだからいいいでしょうよ! と調理を断行する。

森からの帰り道に娘が本屋でマンガを買って、そこで商店街の応募券をもらっていたので見ると「抽選で以下をプレゼントします。ひとつ選んで応募してください」とあった。

選択肢は

・空気清浄機
・布団乾燥機
・掃除機
・加湿器
・圧力なべ
・血圧計

など。商品名ではなくそのものの名前の情報しかないのが素朴で良い。

子どもたちと相談して、空気清浄機か、布団乾燥機か、掃除機かのどれかに応募することにした。娘があみだくじをつくって空気清浄機に応募することにした。

もし当たったとして、どんなのが来るんだろう。業務用の、1畳くらいある空気清浄機だって世の中には存在するだろうしな。

息子の制服のスラックスをクリーニングを取りに行くついでに抽選箱に投函することにして忘れた。スラックスはきれいに仕上がっていた。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

模したものをまた模す

息子が寝違えて首を痛がっている。「痛いな」「あ! 今ちょっと痛いな」「痛いな~」などことあるごとに言っていて、わかりやすく家に寝違えている人がいるな~という状況。

短時間なら効果的らしいから湿布でも貼るかと、渡すと自分では貼れず、貼ってやろうとしたらこそばゆいらしく笑って逃げるので追いかけて貼った。ぐしゃぐしゃだ。

そんななかを娘はゆっくり起きてきて気配を消すように支度をして作文教室へ行った。

家事をしてから台所と風呂場を掃除する。年々片付けと掃除が好きになる。18歳のときに埼玉の実家を出て東京の祖父母の家で居候を始めたが、その頃は掃除にも片付けにも興味がなく部屋は散らかり放題で、足の踏み場もなく整理整頓を旨とする祖父によく注意された。

出したものは使ったら出したところに戻すんだよ、それだけでいいんだよとよく言われた。

じわじわとだ。じわじわ片付けが好きになって、次いで今や徐々に掃除も好きになりつつある。

なんでか、わからないが、肉体がおとろえ片付かない汚れた部屋では危ない年齢にさしかかっていることから本能的にそうなっているのではないか。

午後、息子はよくなった首でサッカーをしに行った。寝違えが治るのが早い。若い。いわゆる「若いわねえ」といわれる年代は大人になって間もない年代、新卒くらい、20代前半かなと思うけど、うちには10代の男女がおりいよいよ本格的に若いなと思わされる。

10代とはつまり子どもであるということだけど、「子どもである」が「(大人として)若いわねえ」に近づきつつあるのを感じる。

それから今日も娘のバレエの稽古につきあった。稽古のあいだ稽古場の近くのスーパーで買い物。キャベツがあるので夜は私の好物の焼きそばにしようと売り場に行くと、マルちゃん焼きそばに「お好み焼きソース付き」というのがある。

f:id:mabatakixxx:20201025075628j:plain

・いつもの粉末のソースもまあまあお好み焼きソースみたいなものなのかなと思っていたけど違うのか

・焼きそばに対して「お好み焼きソース」を添付してあるのを良さとして売るの意外だな

・この「お好み焼きソース」はどうやら液体のようで、従来の粉末に対して液体であることを売っているようだ「液体ソース付き」では弱かったのかな

など、一瞬でたくさんのことを考えて、焼きそばの売り場に来ただけでこれほどの思いを巡らせるなんて私には結構考える力があるのかもしれないな!? とうぬぼれるほどだった。

よく分からなくなって、いつもの粉末のではなくこの「お好み焼きソース」版のを買った。通常のものより10円高かった。高級品だ。

それから通りがかりのショウウィンドウに「木彫りのクマ」の「ぬいぐるみ」を見かけて感心する。木彫りのクマは木彫りでクマを模したものだが、それがあまりにも一般的になり、するとそれが次にぬいぐるみになる。模したものをまた模すというのは、経済を回すとは、お金を使うことではなくむしろこういうことを言うんじゃないか。

帰って焼きそばを食べた。確かに粉末よりも調理はしやすい気がする。それに麺がてらてらする。おいしかった。

夜は息子がアメリカの刑事もののシットコム「ブルックリン・ナイン‐ナイン」を観ていて面白そうだったが何話も次々見ていくので、タイミングを逃して大縄跳びになかなか入っていけないような状態になり、諦めて別途ドキュメンタリー映画の「美術館を手玉にとった男」を観た。

美術館に贋作を寄贈する人の話。観ていて途中、これはフィクションなのではと思うシーンがいくつもあった。ロックスターっぽい。著名な作家の木彫りの熊も模写(彫刻だから摸刻?)してほしい。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

もちもちつるつるとしていてこれはうまい

朝のニュースで大きな金額の話をしており、そのながれか息子に「10億当たったらどうする?」と聞かれた。

本当に10億転がり込んでしまったらどうなってしまうかわからなくて恐ろしい。「できればなにも変わらずこのまま暮らしたい……でもたまにタクシーに乗る、雨の日とか」と答えた。

息子はえーという感じで「引っ越さないのか……このネズミのいる家から……」と言った。

どうやらうちにはネズミがいる。最近夜、壁の中でとたとた音がする。

今日は強力なネズミ除けを買ってくるからとはげました。

そして娘が顔を洗わず歯もみがかずに学校に行くのをなんとかしたい。

娘は毎朝なかなか起きれずぎりぎりに起きて急いでご飯を食べる。髪を結ってやるときに「顔洗った? 歯みがいた?」と聞くといつも「洗ってない! 磨いてない!」というので「じゃあ洗って、磨いて」とお願いするが忘れて飛び出していってしまう。

私が小学校の頃も顔を洗わず歯もみがかずに学校に行っていた。顔に関してはただ汚いだけで特に実害はなかったが、歯は虫歯だらけだった。

飛び出す前の娘にもう一度「歯磨いた?」と聞くと「磨いた!」と言って走って行った。

本当に磨いていますようにと祈った。

やいやい仕事をしていると雨が降って来てそのままずっと。寒くなってきたのでふかふかしたストールを首から巻いてきもちいい。

夕方リモートの打ち合わせをしているうちに娘が帰ってきて息子が帰ってきて、打ち合わせを終えるころ床にメモが落ちているので見ると「塾のあと、昨日忘れた傘を取りに行くので少し遅くなります」という娘からの伝言だった。

娘は筆圧が弱く字が薄いのがかわいい。私はとても濃い文字を書くのでそこは似なかった。

仕事を終えて、晩の買い出しのついでにネズミ除けを買った。数年前にお隣さんにすすめてもらったものだ。うちがネズミを除けるとうちのネズミはおそらくお隣さんに行くわけで、でもお隣さんにも強力なネズミ除けがあるのでネズミは困ることだろう。すまんが、すまん。

娘が帰ってきて、傘はなかったそうだ。

夜は冷凍の水餃子を茹でて食べた。息子から「もちもちつるつるとしていてこれはうまい」と高評価を得る。

食後すぐネットスーパーの配達があった。玄関にどっさり食材が届き、子どもたちも集まってきて、娘がバケツリレー方式で荷物を運び入れようと提案してくれた。

玄関→私→娘→息子→冷蔵庫

という布陣のなかで娘がやたらに私に近いところに陣取るので結果的に息子がおおむねを運んでいた。

冷蔵庫が一気に充実した。充実したそばから子どもたちがバナナとヨーグルトとアイスを食べていった。

それから娘がテレビで「アメトーク」の「嵐大好きおじさん」を観始めたので一緒に観る。何かに対して一斉にポジティブなことを言うのをエンタメにしたのは本当にすごいことだ。そのうち息子もやってきてみんなで見た。みんなでテレビ観るのはたのしいな。

私はかたわらで大好きなすみっコぐらしの新しいグッズをネットでいろいろ観ていた。もぐらのキャラクターの家をみんなで掃除して、するときれいになって、わ~い! という様子のイラストをグッズ化したもの。のぞいてきた娘にも見せると感想が「めっちゃ良い家すんでんじゃん」で笑った。

私などは、ただそういうイラストとしてながめているだけだけど、娘はもっとキャラクターの生活に近いところに視点があって、住み家として家のイラストを見ているのだと思った。

もぐらの家は確かにめっちゃ良い。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes