まばたきをする体

ピザって10回言わなくてもあらかじめ間違えている

娘が旅行で不在の3日目、息子ともども起きだした。息子は今日は日中図書館へ行ってテスト勉強だそうだ。私は掃除をして洗濯をしてねずみくんのチョッキを縫った。

絵本の「ねずみくんのチョッキ」のぬいぐるみがうちにはあって、絵本通り赤いチョッキを着ているが縫い目がほつれて脱げそうだ。連休のはじめ、山へ旅立つ前に娘が気づいた。

ねずみくんは裸の上にじかにチョッキを着ているので縫うとなると肉体に直に縫い付ける格好になり作業しながらちょっと痛い。

終えてよしよしするころ、息子から近所の自動販売機にジュースを買いに行きたいが手持ちに小銭がないのだと悩み相談を受けた。「1円玉と5円玉と、あと5千円札しかないんだよ」。暗に「だから小銭をくれ」と言っているのではなく、どうも本当に困っているようで、子どもというのは世間にうとく、本当にどうしたらいいのかと困るが多いのだろうなと思う。

コンビニまで行って5千円で買うか……でもまあ手間だし150円上げるから買ってきなよと渡した。

息子は出ていき、すぐに帰ってきた。「『濃いめのカルピス』というのを買った。つまりこれは薄めれば『普通のカルピス』がたくさん飲めるということだな」とのこと。よかったな。

自宅のパソコンのブラウザが最近妙に遅い。頼んでいる通販がなかなかこないので配送状況を調べようとするが正しいパスワードを打ち込んでいるのに重くて一向にログインできず、もういい! となった。

ああ……これはもしかしたら私が買ったパソコンがポンコツ機だったということであろうかな……スペックというもののことを本当によくわかっていないのでなんかこれでいいんじゃんいいじゃんとこの5月に検討時間5秒くらいで購入したパソコンなのだった。

仕事で使っているパソコンは詳しい同僚が吟味して社に申請したのでめちゃくちゃに使いやすい。やっぱり良い物を使うには吟味が必要なんだろうな……。吟味のはしょり代としての負債を、私はこうしてパスワードを打ち込んでもログインできないなどといったことで払っているのだろう。

望むところだ。負っていこう! と逆に元気が湧いてきた。そうやって5秒で買ったこのパソコンを向こう10年使うんだ。

午後、友人と昼ご飯を食べに入った店の会計が高い。

調べもせず入った街中にある小さなお店だった。食後、注文金額に消費税を入れてもやけに高い金額が提示され、高いなと思いながらもぼんやり支払おうととしたところ友人が「これ、なんでこんなに高いんでしょうか」と店員さんに聞いた。「飲食料に加えてサービス料がかかってます」ということだ。

店を出て二人でぶつぶつ言って、でもこういうことでもないと今日のことは忘れるものねとロマンチックな話にまとめた。食事はおいしかった。

夕方になり、2泊で山間に遊びに行っていた娘が塩羊羹とりんごを土産に帰ってきた。

山小屋の前で花火をやろうとしたけどどこにも売っておらず、花火が売られているだろう場所にはどこもハロウィンの飾りが売られていたとの報告だった。

そして娘は帰って晩ご飯を食べるやいなや猛然と宿題をやりはじめた。山小屋で時間を見つけてやるとドリルとノートを持って行ったものの1秒たりともやらなかったらしい。疲れているだろうに、しかしこれが自業自得というのだろうと見守った。

それから、息子がやってきて「ひざを強打してすごいびりびりしてる」といってひじを指さした。ピザって10回言わなくてもあらかじめ間違えている。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

まるまるリッチにしてどうする

さては……涼しいな! 横になりながら味わって、あるときがばっと身が起きた。ゴミだ!

祝日の月曜日はゴミの月曜日でもある。可燃ごみをまとめてつかんで表へ飛び出た。間に合った。

月曜日、休みの日のごみの量は普段よりもいつも少ない。連休ででかけている家が多いのかもしれないが、寝過ごしている人もいるんだろうな。幸あれ、うちは無事でした。

なにごとかと起きてきた息子と、きのう賞味期限切れ間近で半額になっていたデニッシュ食パンを食べる。デニッシュ食パンを初めて知ったときは驚いた。ストイックだから食パンなのであって、まるまるリッチにしてどうすると。人を甘やかすパンだ。フライパンで軽くやきつけてうまいうまいと食べた。

今日は息子はいちにち家で勉強するらしいが、さっそく勉強せず朝食後には映画「テネット」のネタバレなしの推薦動画みたいなのを観はじめた。息子はクリストファー・ノーラン監督作品に異様な意欲をしめしており、中学生よ! あまりにも感慨深い。

俺が観ても大丈夫そうなやつだな……と納得してるので、じゃあさ今から行こうよ! と母は思うが、息子は週明けからテストの人だった。それにそもそも映画は友達と行くそうだ。ですよね。

私も終日作業の日。昼前に妹からLINEが届き、山頂に到着しましたという知らせだ。今日は娘が私の妹と姪と山に登っている。続いて決まらない表情の娘が山頂の標示と一緒に写った写真が送られてきた。

娘が山頂にいる。立派な思いがした。

一方の息子は常に気の毒になるほどなにか食べ物を探している。一日一緒にいて痛感した。落ち着かず冷蔵庫を開けてばかりいる。昼は炊き込みご飯を山盛りにして目玉焼きを乗せてスープをつけて、量は私の倍以上を盛りつけたのにこうなのか。

アイスコーヒーでも飲もうと思い冷凍庫の製氷皿を引き出すと氷が真っ白で、息子に聞くと豆乳を凍らせたそうだ。とにかく固体を食べたいということだろうか。凍らせた豆乳はアイスコーヒーに入れると分離した。

冷凍庫にパンもうどんもあるから食べたらとうながすも、なんかそういうことじゃない気がするといって、テスト勉強に集中できずにそわそわしているのかもしれない。

落ち着かない息子を横目に、もはやすっかり大人となりて集中の仕方を知っている私はワーワー作業を推し進め、しかし気づくとすっかり夜で、しまった推し進めすぎた。

普段は歩いていくごく近いスーパーに自転車で乗りつけ揚がっている牡蠣フライを買ってきた。息子と二人食べた。

息子は鳥が笑いのツボの人だ。テレビに鳥の顔がアップで写り、鳴くと笑う。今日もウミネコが鳴いて笑っていた。

夜になり、ねずみのチョッキを縫いそびれたのに気づいた。ねずみのぬいぐるみが着ている赤いチョッキの縫い付けてある部分がほつれ、脱げそうになっていて娘に直してと言われていた。

ねずみよすまん、明日娘が帰ってくる前までには縫う。寝た。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

ナンから煙が出ているぞ

果たして今朝も息子はゼリー飲料を飲んでいたのだった。

部活で試合に行くときのためにまとめ買いしたものとあれほど。しかし私もビールなどあればあるだけ飲んでしまうので気持ちが良く分かりあまり強くは言えない。

娘は今朝はやくに叔母と従妹と山へ旅行にでかけた。山小屋に泊まり明日は登山をするそうだ。私と息子も同行するつもりだったが息子がテスト前で勉強せねばならないというので二人で家に残っている。

息子よ……登山をあきらめ家にいるというのに昨日は勉強せずドラマ「コブラ会」に没頭していた。今日もどうなるか心配すぎるが、中学生とあってもう親が強くいってどうなる年齢でもないため見守るのみだ。

友達と学校で勉強をするとでかけていった。昼もどこかで仕入れて食べるから大丈夫とのこと。信じているぞ。

もろもろの用をやっつけるために近所をめぐる。途中あらいぐまラスカルのTシャツを着た人とすれ違った。

ポップにデフォルメされる以前のラスカルで、私たち家族はラスカルの赤ん坊くらいあるサイズのぬいぐるみをさんざん本格的にかわいがっていることもありこれはと注目した。

帰ってメルカリで検索したところ、Tシャツ屋のグラニフが販売していたもののようだ。メルカリやセカンドハンズのアプリ、過去に売られていたものが見つかるのがすごい。市中に出回った品物について公開タイムカプセルのような機能を果たしている。

娘や私の部屋着にした~いよ~! と思っていたがサイズの合うものがみつからなかった。無念。

午後は友人宅へ。やあやあとビールを6缶買っていった。ちゃんとしたスープを作ってもてなしてもらった。おいしくて2度見する。私以外の人はみな、どうして料理がうまいんだろう。お代わりもさせてもらうほど。

夕方までいすわってそろそろと立ち上がった。立ち上がりながら、息子が帰ってくるからそろそろ帰る、厚かましいことを言うようだがスープがとても美味しかったので息子にも食べさせたい、ついては1杯もらえないだろうかとキリっとして言ったところ「図々しいな!」といいながら分けてくれたのだった。へっへっへ。お礼に今度またなにか差し入れねば。

帰る。「ただいま」と玄関から奥へ声をかけると「やい」と息子の声がする。

「なに」「ナンから煙が出ているぞ」

ええっ? ナンから煙が出ることなんか……あるっけ……!?

かけつけるとテーブルの上のナンから煙が出ていた。

ナンを前に立つ息子が煙がかって透明度60%くらいになっている。やばい火災報知器が感知するレベルだ。あわててすべての窓をあけ換気扇と扇風機を回した。

「なにこれ、どうするとこうなるの」「レンジにかけすぎたっぽい」

冷凍保存していたナンを食べようとしていたようだ。ナンは一部だけ小さく黒く焦げていた。こんなふうになるのか……。

焦げたのは一部だったので息子は無事の部分を食べて、みやげのスープも飲んだ。焦げた部分を「いる?」と言われ「いらない」と返した。それから煙があがったら火が出ていないかすぐ確認し換気することと伝えた。

スープは息子にとても喜ばれ、友人に申し出た甲斐があった。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

使い捨て前提で作られるもひょんなことから数年使われ続けてるやつ

起きると息子がゼリー飲料を飲んでいた。ウィダーインゼリーみたいなのの安いやつを昨日たくさん買っておいた。

買いだめしたのを見て娘も息子も「こんなもんあればあるだけ飲んじゃうのに……」と心配しており、いやそこは自制してほしい、特にこれは息子が部活で弁当が必要なときにのために保冷剤代わりに買った物なのだからと伝えていたのだがやはりあると飲んでしまうのだな……。

ちょっとぉ、といさめると「すんません」みたいな顔をしていた。申し訳ない気持ちで、しかし飲むくらい好きということだろうか。

娘も起こして、肉まんをふかして食べさせて作文教室に行かす。息子も弁当を持って学校へ行った。午前中が授業で、午後は部活で試合がある。弁当にはゼリーも入れた。

朝のゼリーは咎められるゼリーだが、昼の弁当のゼリーは胸を張って飲んでいいやつだ。

昼になり帰ってきた娘とサンドイッチを作って食べた。息子に持たせたのと同じサンドイッチをもう一度作った。そういうことなら朝多めに作ればよいはなしなのだけどそういう頭が本当に働かない。

娘は明日から妹と姪(娘にとっての叔母といとこ)と一緒に山へ入り山小屋に遊びに行くことになっている。明朝の出発に備え今日は妹宅に泊まるので用意をさせて、午後のバレエの稽古も整え妹宅へ。

姪をピックアップしてから娘をバレエの稽古に行かせた。

ふっふっふ。娘の稽古が終わるのを待つ間に楽しみなミッションがある。姪がメガネを新調するのに付き合うんだい。仕事ででかけている妹に頼まれた。

かわいい人がメガネを選ぶのに同行できるなどとは幸甚極まれりだ。

妹に指定されたメガネ屋に行き、あれこれ試着するのを見守った。先週娘がメガネを作ったが、明らかに似合うメガネが違うのでへえと思う。

何度も試着をするのだけどなかなか決まらないようで、悩んでるの? と聞くと「なんか……よく見えないんだよね!」といって笑っていた。あ~っ! 私も笑った。

メガネをはずしてサンプルのメガネをかけても、サンプルのメガネには度が入っていないので見えないのか! うおお、私は視力だけは良いので全く気付かなかった。

顔を鏡によく近づけて、あと悩んでいる2種類を私がかけて見せるなどして決定した。フレームの細い丸めがねで、こんなおしゃれなやつの子ども向けがあるんだな。

妹の指令に従いお店で測定もお願いすると、いまのメガネよりも少し度を上げたほうが良いという。

つまりそれは視力の低下が進行しているということかと思い、姪っ子が気落ちしていないか心配でいると「私さあ」と姪っ子が「視力はめっちゃ弱いんだけど、他が全部良いんだよね……アレルギー無いし……足も速いし……」というのでまた笑った。なら良かったよ!

メガネが仕上がり、新しいメガネの子となった姪っ子とベンチに座ってiPhoneアプリの脱出ゲームをしながら娘を待った。姪っ子はさくさく勘良く脱出していた。

終えた娘をつかまえて妹宅の近くの商店街で晩ご飯を買った。

小さいが商店街に活気のある街で、印象としてはものすごく総菜の扱いが多い。弁当屋があって総菜屋があって、てんぷらの店は天丼を出し、とんかつの店はかつ丼を出し、ケバブの店とか中華総菜の店なんかもある。お好み焼き屋もあった。

私の家の近所にはあまり商店がなく日頃から総菜の手配に苦心しているのでその総菜量に圧倒されて短絡的に引っ越しを考えるほどだった。

天ぷら屋のテイクアウト用の小窓から天丼を5つ頼むと、もう今日これしきゃないんだけどあるのを適当に組み合わせましょうかねとおかみさんが上手に仕切ってくれた。

商品券が当たる応募券が3枚出るけど、応募してみる? と応募券とゴルフのスコアを付けるときに使うような使い捨ての鉛筆のぼろっぼろのやつを貸してくれた。

うおお、使い捨てのために作られたけどひょんなことから数年使われ続けてるやつだ。こういう品にレジェンドをひしひし感じる。洗って使い続けられているプラスチックのスプーンとか割りばしとか。

鉛筆、ありがたく使わせてもらって応募した。

妹宅に息子を呼んで、みんなで天丼を食べ、私と息子は帰った。

息子が「コブラ会」というドラマを延々観ている。絶対にこれはおもしろいと観はじめ、めちゃめちゃおもしろいと見続けていた。

来週テストなんじゃないの? と聞いたら、テストじゃないよと言っていたが、テストだよ。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

「ないな」の印象が強く心に残っていた

通勤していたころは、会社での勤務時間中にクーラーを存分にあび体に冷気を貯蔵していたのではないか。

暑い中朝起き我慢してばっと会社に行く。事務所は冷気で充満しておりその快適さを体の芯まで勤務時間を通してため込む。そして自宅に戻ると解凍のように芯にためた冷気を溶かしながらすごす。

それで、盛夏の季節を除いては朝晩は家ではクーラーをあまり使わずにすんだ。

しかしずっと家にいると、延々家の温度ですごす。冷気をためることがない。今年は9月になっても薄くクーラーを使い続けている。

子どもらが学校に行き、今日も私は自宅で仕事。10時ごろにおなかが空いて海苔でスライスチーズとハムを巻いて食べた。家にいると独特のものを食べる。

そのままやーっと仕事をすすめて終えて、晩ご飯の買い出しに出た。

ついでに図書館で借りた本を返して、息子に頼まれた英語のノートを100円ショップで買って、書店で注文していた本も受け取る。

図書館では返却ボックスに本を差し入れてから受付がまだ開いている時間なのに気づいてしまったと思い、100円ショップでは英語のノートに13段のものと15段のものがあって迷い、書店では注文した本を買うのに商店街のお釣りの出ない商品券をどう使うかで混乱して、ちょっとした用事を片付けるのにもひとつひとつ思考がめぐるものだなーと、なんとなくあとで感心した。

スーパーでナンを買った。ナンが食べたいと思っていたんだ。インド料理店で出るような大きなやつはなくて、小さいナンがぎゅうぎゅうにパックされているのを買ってかわいい。

それから、明日の朝食べる肉まんをかごに入れ………おお! そうだ! 肉まんにつけるチューブのからしだ! ずっとからしを切らしているなあと思っていたんだ! 今日こそは、と買った。

帰って冷蔵庫を開くと新品のチューブのからしが1本入っていた。

お……おお……買ってたんだっけ……。

からしがないな、ないなとずっと思っていて、その「ないな」の印象が強く強く心に残っていたんだろう、連続して買ってしまった。

「ないな」の期間が長引くほど、あとで重複買いには気をつけねばならないのだな。

くやしかったので子どもたちにも伝えた。「からしが、ないな~、ないな~って、ずっと思ってたのが印象に残っちゃっていけなかったみたい。ないな~、ないな~って。ないな~、ないな~」

二人ともあらら、というリアクションをしていたが、しばらくして息子が、「その『ないな~、ないな~』ってやつ、何」と聞いてきた。

稲川淳二の怪談をまねて言ったのに気づいてくれた。優しい。「稲川淳二の怪談みたいに言ったんだよ『いやだな~、こわいな~』ってやつ」

息子は「そういう人がいるんだ」と言っていて、そうか、知らないか。

みんなで買ってきたナンを焼いてカレーと一緒に食べて満足した。

夜はビールを飲みながらさっき書店で受け取った本を読んだら興奮でどんどんビールがなくなった。

鼻息荒く読み進めていると、そろそろ寝るからとやってきた息子が「さっきの『いやだな~、こわいな~』って誰だっけ」という。「稲川淳二だよ」「しながわ?」「いや、稲川。すごく有名な人だよ」「わかった」

息子は大事なことだと感じ取ったようだ。勘が良い。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

クロールの動きは関係ない

あ~! 昨日の夜中、冷凍のたこ焼き食べなくて、良かった~~~!

たこ焼きから逃れるように目が覚めた。前日の夜、寝る前にお腹がすいて、そうだそういえば冷凍庫に冷凍たこ焼きがあるな……食べてみようかな……と思ったが振り切って寝た。

きっと食べて寝ていたら胃がもたれまくっての起床になったことだろう。

逃げ切って朝を迎えることがたまにある。

先日大寝坊をした娘は今日も一人で起きた。起こさなかったが気づくと食卓にいて驚いた。「いるじゃん!」というと、白けたように「おはよう」という。起き抜けの娘はだいたい元気がなくむすむすしている。

徐々にエンジンがかかり元気になった娘を見送り、息子も見送って今日も私は在宅で仕事。昨日の晩ご飯に食べたお肉屋のハンバーグがおいしくて午前中いっぱい味を思い出していた。

少し変わったハンバーグで、みちっとつまった肉の塊を網脂という、名前のとおり網のような脂の部位で巻いて焼いているんだそうだ。ちゃんと、おいしいものを作ろうと意欲的に作ってるんだろうな。

私の作る料理はなんとかこの1食を体よく乗り越えようというだけの料理だからあまりおいしくない。おいしいものを作ろうとしている人の料理が本当にありがたい。

昼は友人がバスに乗り近所までやってきてくれた。会社の昼休みに有給を足してゆっくりファミレスでごはんを食べた。食後にコーヒーも飲んであれこれしゃべって満足。

私の仲の良い友人はみんななぜかリーボックのインスタポンプフューリーを履いている。私も履いているし、このあいだ息子にも買ったし、どんどん同じ靴が集まってくる感じがある。

自宅に戻って作業を続けるとそのうち娘が帰ってきて息子も帰ってきた。仕事を終え晩の買い出しに行こうとするところで息子に呼びとめられ、なんかおやつ買ってきてよと言われる。

「いいよ、でもなんかって何?」

うちでおやつというとだいたい麩菓子かバナナかアイスかヨーグルトか、私の心に余裕があれば、あんぱん、ドーナツ、バームクーヘン、どら焼きという選択肢も入ってくる。

今日は元気があるのでなんでも言うがよい、なんなら歌舞伎揚げや雪の宿など普段食べないものでもよいのだぞという雰囲気を出した。

「じゃあ……ガム」

ガム!

そうか、ガムか……。うちの子たちは飴とガムとグミが大好きで、でも私は飴もガムも好きでないのでねだられたときはいつも驚いている。

バウムクーヘンの方がよくない? と思うがそうではないらしい。

晩ごはんの材料とガムを買ってきた。ガムはボトルや大袋で買うと意外に高い。びびって私はいつも筒状にパッケージされている100円のやつを買う。

息子はさっそく受け取って噛んで、娘もガムの入荷に気づいてニャー! と飛びついてパッケージをむしった。

晩ご飯の後、娘が「これはなんの真似でしょう!」といいながらぶんぶん腕を回しクロールのような手つきをして「わたし気になります」といった。

なんだろうな。分からないでいると息子が「氷菓の千反田」と答え、娘は「正解!」とうれしそうにした。

小説でアニメもある「氷菓」シリーズの登場人物のセリフらしい。

クロールを泳ぎながら決めセリフを言うの? と聞くと、クロールの動きは関係ない、問題はセリフだけ、とのことだった。

娘はいつも元気で余計な動きをする。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes

出先で家で汲んだ水道水を飲む

きのう寝坊をして「もうだめじゃん」という、私には名言にも聞こえるつぶやきを残した娘だが、今朝は目覚ましで起きた。

昨晩、私が提案した時間よりも30分早めに目覚ましをかけるので、この人は朝の自分の起きられなさを理解していないなと思ったが好きにさせ、やはりその時間には起きなかった。少し声をかけるも起きず、スヌーズ機能でなんども目覚ましが鳴り、でも結果的には自力で起きていた。

私がお化粧をしていると髪の毛を結ってくれてやってきて、ヘアゴムでポニーテールを作ってやると学校へ行った。

それで思ったが、朝、私は食事を作るほかは髪を結うくらいしかもう娘の世話をしていないのだな。やけに毎朝娘の髪を結っているなと思っていたが、それだけしかやっていないので印象的なんだ。

続いて息子もでかけていった。息子にいたってはもう朝食の用意だけだ。洗濯をしたり寝具のメンテをしたり掃除をしたりはまだ私がやっているわけだけど、「そういえば髪の毛を結んでいるなあ」という実感に、世話の減りを感じた。

私も電車に乗って会社へ行く日。試しに、水筒に水道水を入れて持っていった。

出先で喉が渇いたときに家の水道水をわざわざ持参して飲むの、すごく水をちゃんとありがたがっている感じがして良い。人体として水を絶対に必要としている実感がわいた。

仕事を終えて帰り、乗換駅の構内のパン屋が閉店していた。なんで! ではなく ですよね…と思う感じがあった。

地元駅について、スーパーと、あと肉屋にも寄って総菜のハンバーグを買う。この肉屋はいつもよく混んでいる。もちろん肉を売っているがあまり肉を買う人はみかけない。みんな総菜を買っていて、というか、コロッケがものすごく売れている。

この日も私がハンバーグをトレイに詰めてもらうのを待つ間、「コロッケまだありますか?」とたずねるお客が来て、揚がるのを待っている。

ハンバーグを下げて店を出る頃またコロッケを求めるお客が入って行った。

帰ると子らはもう帰って来ていた。ハンバーグを食べてから夜、21時になって息子が笑った。

「はっはっは」

円柱の箱のなかでiPhoneが鳴っている。息子は箱から取り出し「今日は21時に取り出せるようにしておいたのだよ」といった。

ここ数日、息子は勉強する間iPhoneをタイマー付きの円柱の箱にしまって取り出せないようにしている。21時にラジオで基礎英語を聞くタイマーをかけていて、箱の中で鳴るのに取り出せず困る日が、3日続いた。

3日目にしてタイマーを21時にかけて取り出すことを息子は学んだらしい。基礎英語を聞いて律義に英文をお手本に従って発音していた。

冷凍のたこやきを夜食に食べるのを我慢して寝た。

 

この日記を本にして売っております。新刊が出ました!!

kogachikako.booth.pm

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

 ------

古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes