まばたきをする体

みんなかわいいかわいいといって見ています

子どもらが学校へ行って、私も仕事へというところで宅配便がやってきて、息子に買った長袖のTシャツだった。好きなDJのロゴが入っているやつをネットで選んで息子は楽しみに待っていた。

居間の真ん中に広げて、帰ってくる息子を迎えるかたちでおいておいた。

仕事へ行って、帰るとちょうど娘が公文へ行くところだったので無駄についていく。公文の家に入って行くのを見届けてから改めて家に戻った。

居間には息子が今朝着ていたパーカーが広げておいてあった。新しい服が届いているのを見つけて着替え、朝から着ていたパーカーの方を代わりに広げたらしい。

ああ! 着替えたんだな! というわかりやすさだ。

よく伝わったのでたたんだ。

娘が帰ってきてご飯を作る私のとなりでぶんぶんゴマを回し始めた。お母さんさ、ぶんぶんゴマぶんぶんできないなら、私がぶんぶんしたやつを引き継いでみる? きのう私がぶんぶんゴマをうまくぶんぶんできずに悔しがっていたので娘はぶんぶんさせてくれようとしているのだ。

晩ご飯の用意の手を止めてぶん! ぶん! と娘の両手の間でまわっているコマを両手から受け取った。ぶん! ぶん! おお、受け取ってもぶんぶんし続けていられるものなのだな!

すごい勢いだ。なんか紙取って! と娘にたのんでぶんぶんまわるコマで紙をバババババ! と切った(これも昨日娘がやっていた)。すげー! すげー!

ひとしきりすげがり、ごはんもでき上ったので食べながら、今度は「20の扉」で動物を当てる遊びをした。一人が頭にある動物を思い浮かべ、もう一人は質問しながらその動物が何かを当てるのだ。

私はカバを思い浮かべた。「その動物は陸に住んでいますか、水の中に住んでいますか?」「陸に住んでいますがおもに水の中にいます」「その動物はカバですか?」「当たりです」

一瞬で当てられてしまった。

そのあと私が当てる番ったのだが「その動物は動物園にいますか?」「はい、動物園にいます。みんなかわいいかわいいといって見ています」と娘はヒントを盛って答えてしまうのでこれまたすぐに分かってしまう。

「その動物はレッサーパンダですね?」わたしたちには野毛山動物園レッサーパンダをかわいいかわいいといって見た思い出がある。「当たりです」

娘は、晩のおかずのシウマイがおいしかった、シウマイはかわいいし食べやすいから餃子より好きといいながら寝た。

息子が塾から帰って来て、バーンと部屋に登場すると今朝宅配便でやってきた服を着ているので笑う。気に入ったようでなによりだ。

給食のない日で昼ご飯を適当に食べるようにお金を渡しておいたのだが、今日のおれの昼は完璧に栄養をとったと胸を張っていた。以前息子は同じようなことがあったときに、おにぎり一つと午後の紅茶ミルクティー1本とガリガリくんとアイスボックスを選んだ経緯があり、その時に栄養バランスの大切さと基本の食事の組み立て方について教えたのだ。

「なに食べたの?」「ランチパックのピーナツと」「いいね」「ロールパン」「それから?」「え、それだけだけど」

栄養!?

------
11/24(日)文学フリマ東京に「まばたきをする体」で出展します(ト‐37)。日記の本を持っていきます。文フリ後にBOOTHでも通販します
------
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes