まばたきをする体

パンがないなら餅を焼いた

パンがないなら餅を焼いた。

切餅がのこり4個あったので子どもたちに2つずつ。私は芋をふかして塩をして食べた。

このところ寒くなってきて、娘が起毛のパジャマを着だした。起毛の衣類には、ほこほこが裏についているやつと表についているやつがある。娘のは表がほこほこしている。

いつか「裏起毛」という言葉を知ったが、あれは自分にほこほこが当たっているのでそれはもう暖かいのだろう。表が起毛だとほこほこは自分には当たらないが、その分目にもとても暖かい。娘を見ると暖かそうで良い。

子どもらは学校へ。私も仕事。やーと推し進め終えて帰る。

息子がちょうど塾に行くことろで、リュックが重すぎて背負うヒモの部分が切れそうだと見せてくれた。息子の塾の荷物は異様に重い。どうも必要のないテキストを何冊も毎度運んでいるらしい。やってる感は大事だからな。リュックのひもは縫うか別のにかえるかしようと話した。

娘が帰ってきたので一緒に買い物に出た。少し雨が降っている。娘は街灯の下へかけていって上を見て「降ってる降ってる」といった。

夜暗いとき、街灯のついたところで上を見上げると降ってくる雨粒が光に反射してよく見えるんだそうだ。

やってみたら確かに見えた。でも街灯がとてもまぶしくて目がちかちかした。

スーパーに行ってあれこれ選んで、レジでレジ袋をキリっと断って持ってきたリュックに買い物をぎゅうぎゅうつめていくが最後食パンが入りきらず、でも「すみませんやっぱレジ袋くんさい」というのは恥ずかしくて最後の食パンはつぶしてつめた。

帰ってご飯を食べて、娘が寝ると息子が帰ってきて
Martin Garrix「Oops」をお母さん好きそうとすすめてくれた。

これは……好きだ……! 私の音楽の趣味はもう息子にはだいたいばれたようだ。



------
11/24(日)文学フリマ東京に「まばたきをする体」で出展します。日記の本を持っていきます。
------
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes