まばたきをする体

興奮がてら玄関の靴を並べる

取材に向かう途中に喉が渇いたのでお茶を買おうとキヨスクに寄る。ウーロン茶が通常500mlのところサービスらしく「600ml!」とパッケージに書いてあった。

確かにいつもよりボトルが太い。

ありがたさと、しかし重さに一瞬のとまどいがあった。

今日はリュックにノートパソコンと少し大きめのカメラが入っていていつもより荷物が多いことがとまどいの理由だ。

せっかく量を増やしてくれているのだし、飲んで体にすればいいかと思い買った。

ターミナル駅のキオスクで、一人の店員さんが二つのレジを同時に使ってばんばんお客をさばいていてかっこいい。

片方のレジのお客がSuicaを出す一瞬にもう片方のレジで別のお客の商品をスキャンしている。

会計をしてすぐにぐっと飲んだ。100ml飲めば量は500mlになりおなじみの同じ重さになるだろう。

無事に取材を終え、別のもろもろの仕事も終わって帰宅。

途中で、そうだ今日は近所のドラッグストアがポイント5倍セールなのだとはりきったら、駅前の別のドラッグストアが2000円以上買うと15%引きになるというセールをやっていた。

わ~! と思うが目当てのものがなんとどちらの店にも扱いがないのだった。帰ってネットで買った。

放課後友達と遊んでいた息子も帰ってきた。

ほっぺを赤くしてバーンと玄関に飛び込んできて、今日の遊びは最高におもしろかった! と興奮している。普段はそんなことしないのにあったことを早口でしゃべりながら玄関の靴を並べていた。

興奮がてら整頓することって私も確かにすごくよくあるな。こういう種類の遺伝もあるのだろうかな。

あれこれ家事をしてから娘を英語学童に迎えに行った。帰りがけにいつもとおりがかるレストランにハロウィンの飾り付けがしてある。

もうハロウィンなんだと娘が言う。娘は恥ずかしがり屋で仮装などに積極的ではなく、イベントとしてハロウィン自体をあまり歓迎していないようだ。

「英語学童もハロウィンの飾り付けになっちまった」

と言っていた。

「なっちまった」。良い日本語使いだ。

帰ってチラシ寿司を作った。うずらの卵の水煮があったのでかざりに使おうと思い、手伝いをするといってくれた娘に半分に切ってと頼んだ。

うずらの卵、半分に切ってあるのなんて見たことないよ? と娘は言うが、そうかなあ?

娘はとても苦労して切っていて、切りあがったものを見たら確かにこれは見たことないな! 娘に謝った。でも飾りつけはかわいくできた。

錦糸卵も買っていたので卵に卵の飾りになってしまった。意識が散漫だ。

誰かが「シンシンシンシンシン」と言っていて、なにどうしたの!? と思ったらはっと目が覚めて、虫の声だった。

というのを夜中に2回繰り返した。

------
11/24(日)文学フリマ東京に「まばたきをする体」で出展します。日記の本を持っていきます。
------
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes