まばたきをする体

星から星へ

一泊で大阪に行く。私が不在のあいだの準備をするので息子と早く起きたら微熱が出てきのう早く寝た娘も起きてきた。

熱は下がっていて一安心。

以前娘がかなり高い熱を出したとき、寝間着のズボンをはきかえさせようとしたらいま着ているのも新しく着替えるのも星柄だったことがあった。

熱で顔を真っ赤にしてはきかえながら娘が言った

「星から星へ……」

という言葉が娘と私のあいだで伝説になっていて、今回は「星から星へ」のときほどは熱が出なかったねなどと話した。

朝ごはんに昨日焼いた鶏肉と昨日買った娘のお祝いのケーキをみんなで食べた。なんとなく、いつもの台所のテーブルではなく居間のちゃぶ台で食べた。

息子はこの週末、土曜日は作文教室の先生やみんなとスイミングに行く日で日曜日は同じく作文教室のハイキングだ。

作文はいつ書いているんだろう。

来月にはみんなで山に登るらしい。

息子はでかけ、私は娘と念のため病院へ。風邪とのこと。薬が出た。娘はマスクが大きいようでひもをくるくる何回か巻いて上手に耳にかけていた。

娘を実家の父母と妹に託して大阪に行く。

司会で参加している「国語辞典ナイト」を大阪のロフトプラスワンウェストでやることになった。

心斎橋の駅で降りたら街がにぎわいににぎわっていて、この活気はどうしたことだろう。街のイメージとして「嫌な事とかあんまない」感じ。 実際はみんなそりゃもうそれぞれいろいろあるんだろうが、若い人が多いからだろうか。

イベントは大盛況の大成功だった。楽しかったなあ。ご来ナイト※のみなさまありがとうございました。

※イベントでの飯間浩明先生のプレゼンによると、通天閣には「ご来塔のみなさまへ」という張り紙があるのだそう。

打ち上げはみんなでお粥を食べた。

実家に電話すると息子が出てもうほっとした。午後の予定を終えて実家にたどり着いたのだな。妹の具合はどうだいと聞くと、風邪をおれにうつそうとしてくる、という。

これ以上なく無事を表現しているなと思った。

--------------

デイリーポータルZの記事一
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes