まばたきをする体

久しぶりに会社に行くと照れる

冷凍保存しておいた食パンを→フライパンに乗せて火にかける→まあまあ解凍されてきたころにハムととけるスライスチーズを乗せて、思い切ってそのままひっくり返してみた。

チーズがフライパンの肌に直接あたってジュー! といい、しばらくしてフライ返しを差し込むとチーズは焼けてきれいにはがれた。

これ、なんで今までやらなかったんだろう! そうか、つい最近まで数年夫が朝食を作っていたからだ。自分でやるようになるとその分発見があり知見がたまるものだな。

そして昨日に続き今朝もコーヒーにまぜた豆乳は分離した。いよいよと思って検索すると、コーヒーに豆乳を混ぜるというよりも豆乳にコーヒーを混ぜるイメージの分量でないと分離することが多いようだ。

いままでは平気だった気がするんだけどもなあ。明日の朝は豆乳を多めにしよう。

連休があけて久しぶりに会社へ。ちょっと照れるのはなぜだ。

そうだ、学校でも会社でも、久しぶりに行くと照れるんだ。間をあけて人に会うのが新鮮だからだろうか。

すぐ慣れてがりがり仕事をして気分がよかった。

午後は会議。みんなで竿の羊羹を箸で切りわけながら食べた。気の合うひとたちに会ってすっかり落ち着いた。

帰りは英語学童に寄って娘をピックアップ。マイケルさんというなじみの先生が、今日とあと金曜日で異動してしまうので本当にさみしい。

先生の先生になるんだそうだ。保護者にもがんがん朗らかに英語でしゃべりかけてカジュアルに英語を引き出していて、優秀な英会話の先生なのだなと思っていたが、評価されたんだろう。

連休はどうしてましたか、みたいなことを聞かれたので、岐阜でUMAを探しました、とおしゃべりした。アメリカから来た方なのにマイケル先生は岐阜を知っていた。

後で調べたら「UMA」は英語ではなく日本の造語なんだそうだ。「岐阜」よりも「UMA」が伝わらなかったか。

帰って娘とあれこれしゃべりながらご飯を食べたり家事をしたりした。

娘は「〇〇(現実的にそうはならないようなこと)だったらどうする?」とか「〇〇と〇〇どっちが(あまり選ぶようなシチュエーションにならないこと)いい?」とか「わたしが〇〇したら(あまりやらないようなこと)どう思う?」などよく私に聞く。

学校や学童でこんなことがあったとか、こんな話を聞いたといった現実に即した話はあまりせず、かなり想像的で感覚的な世界を生きているんだなと思わされとても興味深い。

息子も塾から帰ってきた。最近は好きな曲のリミックス曲をspotifyで探すのが楽しいようだ。

ご飯を食べながら、手塚治虫についてなにか知らないか聞かれた。作文教室の宿題で親に聞いてくる宿題が出たらしい。残念ながら私は作品以上に知ることがないのだが、ご令嬢のるみ子さんが大変なダンスミュージックのファンでらして、かつて何度かパーティーでおみかけしたと自慢した。

--------------
デイリーポータルZの記事一
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes