まばたきをする体

進むたびに水筒が背骨に当たって痛かった

娘は普段はねぼすけなのだけど遠足の日には早く起きるタイプだ。そういうイメージ上の存在みたいな子どもが本当にしかも私の家にいる。

6時に起きてきたので私も起きた。

今日は早くに近所の友人家族たちと駅で待ち合わせて千葉の柏に行く。

娘は3月ごろからずっと、「フィッシャーズパークに行きたい」と言っていた。

フィッシャーズパークというのはYouTuberのフィッシャーズがやっているアスレチックの施設で、あまりあちこち行きたい参加したいと言わない人がそういうのでこれは連れて行かなければと思っていた。

駅に行くと一緒に行く約束の男の子がもう来ていた。お母さんとお姉ちゃんも来るはずだがひとりだ。聞くと楽しみすぎて走って来たのだそうだ。

最初はお母さんとお姉ちゃんと歩いていたんだけど、途中から走ったんだ、リュックに入れた水筒が揺れて、なかの氷がカラカラ鳴ってた。進むたびに水筒が背骨に当たって痛かった。

という。たまらない。描写だ。

さらにもうひと家庭やってきて、総勢8人で電車とバスに乗り継いで向かった。

フィッシャーズパークにはたくさんの子どもと親が来ていた。娘はアスレチックを1回やってもう満足したようだった。受付をするときにもらった、メンバーの写真が入ったカードをずっと見てうれしそうだった。

柏駅の近くにあるファミレスで昼ご飯を食べて帰った。

帰り道、一緒に子どもたちを引率した友人がオクラって生で食べられるんだって試してみたらおいしかったよと教えてくれた。 彼女は医療従事者で、勤め先の病院に入院していた普段はホームレスをしている方に聞いたんだそうだ。

伊丹十三の映画「タンポポ」みたいな世界だ。

最寄り駅に着くとまだ夕方まえで、娘たちはそのまま友達同士で公園で遊ぶというので公園に送り私は帰宅。

途中、若い男女と中年の男性の3人組がわいわいと白い封筒を家々にポスティングしているのとすれ違った。

白い封筒、なにが入っているんだろう。

家に帰ればうちのポストにも入っているだろうと思って帰り着いたがポストにはなにも入っていなかった。

遊びに行くといっていた息子はもう帰っていた。息子もフィッシャーズは好きなのだが、同じ年ごろの男子が同行しないのと、やりたいアスレチックが中学生以上でないとできないということで留守番を選んだのだ。

テレビを編んでいい? といいうので、いいよ、と言った。

息子は最近「舟を編む」を読んでいる。

昨日に引き続きメルペイの還元を受けるべくローソンへ。還元のために買い物に行く、完全な踊らされ感に少し落ち込んだがあれこれ買っていたら元気が出た。最近家では飲んでいないビールを買った。

娘は帰ってきてフィッシャーズのカードを冷蔵庫にはっていた。

夜は友達とLINEでやりとりした。

--------------
デイリーポータルZの記事一
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes