まばたきをする体

さっき火事だった焼肉屋がもう営業している

さっき火事だった焼き肉屋の前をとおりがかったらもう営業していた。

4人がけのテーブルが2台と4人くらいが座れるカウンター席があるだけの小さな店だ。

テーブル席がどちらもうまっていて、座席では家族連れの子どもが紙のエプロンを今まさにつけようとしている。お店のご夫婦がいつものように働いていた。


ぼやだったということか、3時間前にとおりがかったときは確かに火事だった。


駅からの道を自宅へ歩いていると消防車がサイレンをならして2台走っていった。

どこかで火事かと思ったら通勤路にあるその焼き肉屋の前にとまったようにみえる。

消防車はさらに道の向こうからも1台やってきた。わきの小道にももう1台停まっている。

消防士が指示をだしあっている。トロッコのようなものにホースを乗せて遠くから水をひっぱってきているらしい消防士もいる。

消火栓の上に停車していた佐川急便のトラックは急いで移動した。

野次馬になるのもよくなかろうとそのまま道をすすむと、焼き肉屋のはすむかいのパン屋から店員である友人が出てきた。「焼肉屋が火事みたい」という。やはりそうなのか。

近所にあるなじみの調剤薬局のおじさんも心配そうにしている。

警察官もいて焼き肉屋のとなりの喫茶店のおばさんに話を聞いていた。

避難指示などを出していないということは大ごとではなかろうとは思ったが、私が通り過ぎるタイミングでちょうどホースが焼き肉屋の中に突っ込んでいった。


3時間後娘を学童に迎えにいくのに通りがかったら何事もなく営業していたのだった。

よかった。

以上がさっき火事だった焼肉屋がもう営業しているはなしでした。

 

--------------

デイリーポータルZの記事一覧

Twitter @eatmorecakes

Instagram @eatmorecakes