まばたきをする体

おいしいけどお腹いっぱいだからのこりはあとで食べる、だと!?

小2の娘が大きめのクッキーを半分食べたところで

「おいしいけどお腹いっぱいだからのこりはあとで食べる」

といって片づけた。

「おいしいけどお腹いっぱいだからのこりはあとで食べる」

これ、すごくないですか。

「おいしいからお腹いっぱいだけど全部食べる」

ということをしてしまいがちな私は目をむいた。

人類の長い飢餓の歴史のDNAが、娘にはないというのか。娘と私の出生年の差はたかだか30年程度である。

30年の間に人類になにが……。

私と娘という砂粒以下のサンプル数で人類にまでおもいをはせてしまった。

おもいをはせながら、それはすごいことだ、おいしいけれどお腹がいっぱいだから食べるのをやめられるというのは才能だからどうか大切にしてほしいと娘に伝えたがピンときていないようである。

なぜ、お腹がいっぱいなのに食べちゃうのか、その発想がなさすぎるようだ。

隣で話を聞いていた小5の息子も娘に賛成のようだった。思えば息子も3歳までは満腹中枢ぶっこわれたみたいによく食べる子で保健所からも太りすぎを指導されたくらいだったがいつからか食べるよりも遊ぶ方を優先させるようになって食べ過ぎなくなった。

単純に食べるよりも楽しいことを知っているということだろうか。

そうしていずれ、食べることよりも楽しいことをわすれ、お腹いっぱいだけど全部食べちゃうようになって子どもらも大人になるんだろうか。

 

--------------

デイリーポータルZの記事一覧

Twitter @eatmorecakes

Instagram @eatmorecakes

こないだまで使ってたブログ