まばたきをする体

娘と祖母が私には見えない楽しみを感じ取っている

小1の娘は、選び取ること、自ら選択することに本当にどん欲だ。ハングリー精神が強くて驚かされる。

たとえば3個入りのヨーグルトがある。なかみはどれも同じだ。しかし娘はどれにするかかならず自分で選び取る。

彼女にしてみたらふたに違うイラストが入っているので好みのものを選んでいるだけなのだと思うが、そういうところに選ぶ楽しみを見出すことは私にはできない。

だって中身はおなじなのだ!

せめてキャラクターがいろいろなら興奮するかもしれないが、全部牛だ!

 

f:id:mabatakixxx:20180324174152j:plain


大人だからそう思って切り捨ててしまうのだろうか、逆に娘はまだ子どもだからワクワクできるのか。

それで思い出したが、以前同居していた祖母にもそういうところがあった。

干菓子の落雁から好みの形のものをうきうき選ぶのをみたことがある。娘がやってるのはそれと同じことだ。

「干菓子の落雁から好みの形のものをうきうき選ぶ」。老婆がそれをやるというのはチャーミングだしちょっと粋で品があるようにも思う。

選ぶ楽しみの感受性の強弱ってある。

娘も祖母も私には見えない選ぶ楽しみを感じ取っているのだ。

豊かだ。

--------------

デイリーポータルZの記事一覧

Twitter @eatmorecakes

Instagram @eatmorecakes

こないだまで使ってたブログ