まばたきをする体

小鼻の毛穴からすべての毒素が抜けていく

20年くらい前にあった、鼻の毛穴に貼るタイプのパックの流行ぶりはすごかった。

あの頃は老いも若きも男も女もこぞって鼻の毛穴にたまった、なんかカスみたいなやつをパックでピリピリはがしとっては眺めて楽しんでいたものである。

あのカスみたいなもののことを「角栓」というのだということも当時初めて知った気がするし、そもそもあの当時つくられた言葉なのではないか。

流行が一段落し、ああいったパックは肌をいためるのだ、そして下手をすると毛穴をむしろひろげるのだという言説が一般的になって久しい。

しかしあれは美容目的というよりもどちらかといいうと「うわ~! なんか鼻からとれた~!」というエンターテインメント要素のほうが大きかったのではないか。

やってはいけない説が流れはじめてちょっとがっかりしたのを覚えている。

最近ふとその流行を思い出して小鼻の毛穴のことを考えていたことがあった。

しらべてみると美容家電のなかに小鼻の角栓だけを専門にクレンジングするものが売られているようである。

吸引して除去するタイプのものもあるらしい。

なんと吸い出すのか。

原理としてはパックと同じだが、パックよりもいっそう根こそぎという感じが強い。

頭にうかんだのは、その吸引機がもうぐんぐんと鼻の毛穴から角栓、そして角栓のその先にあるなにか毒素のようなものを吸い出す景色であった。

小鼻の毛穴からすべての毒素が抜けていく、そんなイメージだ。

いつからだろう、私たちは体内には「毒素が」あって、なんらかの方法でそれは「抜ける」というイメージにめっぽう弱い。

ヨガで大地のパワーを足の裏から吸い上げ、そして吸引により小鼻の毛穴からすべての毒素は抜けていく。

バカなとは思ったが、しばらくそのイメージにちょっとさいなまれた。


小鼻のパックのやつはまだまだ現役で売られていた、しかも売れているそうだ。

毛穴すっきりパックの使い方

毛穴を吸引する美容家電はこういうやつ。

毛穴吸引 スポットクリア EH2513P 商品概要 | フェイスケア | Panasonic

 

----------------
デイリーポータルZの記事一覧

Twitter @eatmorecakes

Instagram @eatmorecakes

こないだまで使ってたブログ