まばたきをする体

ケンタッキー食べてビール飲みたい

なんとなく、本当になんとなくなのだが、2018年のことし、はじめて恵方巻というものに対して存続がきびしくなってきているのではないかと思う瞬間があった。

定着したかのように見えた文化だがしかし長いブームだったのではないかそしてそのブームが終わろうとしているのではないかと。

節分の当日はどこも恵方巻を山積みにして売っており盛り上がってはいたので単純に私が飽きたのかもしれない。

太巻きは好きな食べ物の一つだ。食べ物として飽きたとは思わない。なにに飽きたかというと節分に太巻き寿司を食べるというならわしに飽きたのか。

節分はコンビニが恵方巻を推すことによって圧倒的に行事としての力を付けた。そもそも太巻き寿司がみんな食べたかったのだ、食べる理由を探していたのだと私は思っている。

食べたいものが食べられる日なので盛り上がった。私も常々食べたい太巻き寿司が食べられるので盛り上がっていた。

では今年ちらっと感じたあの終わるのではという思いはなんだったのだろう。 太巻きは食べたいが、節分に太巻きをかならずや食べようということに飽きたのだろうか。

飽きたというか、日程を指定されこの日にあれを食べよという取り決めになにかいらだちのようなものを感じたのかもしれない。

しかれたレールの上をもう走りたくなくなっちゃったんだろうか。恐縮である。

しかし思えばクリスマスにケンタッキー(もしくはケンタッキー的なもの、鶏肉)を食べることについては一度も飽きたことがない。

なにがいいたいかというと、ケンタッキーはすごいなという話なのかもしれない。

というのをきのう書いてたんですよ! そしたら スーパーが恵方巻をやめようという広告記事を出したというのを知ってあわてて公開した次第です。

 

----------------
デイリーポータルZの記事一覧

Twitter @eatmorecakes

Instagram @eatmorecakes

こないだまで使ってたブログ